※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

概要

【スケアフレイル】【デュラハーン】の上位種にあたる首無しの騎士のモンスターで、赤い鎧に紫色の盾と鉄球を持つ。
Ⅸに登場する同名のモンスターについては【ヘルガーディアン(Ⅸ)】を参照。

DQⅧ

裏ダンジョン後半部の【天の祭壇】に出現するほか、【竜神の道】に出現する【ダークデーブル】に呼ばれて来る事も。
下位2種と同じくゾンビ系だが、テンションを上げなくてもダメージは軽減されない。
系統最上位種だけあり、やはり全般的に能力は高いのだが、バランス調整のためか守備力は一番低い。
通常攻撃のほか、やはりテンションを溜め、守備無視タイプの痛恨も繰り出す他、バシルーラ係の【ごくらくちょう】を呼ぶ。
ここまで聞くといかにも強敵に聞こえるが、テンションを溜めている間に倒せることも多い。
というのも、デュラハーンと違ってルカニ系が有効な他、攻撃呪文の耐性も下位種より低い。
メラ、ギラ、ヒャド、炎、冷気系には耐性が無く、また、奇数ターン(最初のターン)には必ずテンションを上げるので、一気に攻め立てられると弱いのだ。
逆にバギ系とデイン系には少しの耐性があり、イオ系は無効。
たまに呼び出すごくらくちょうも、この時点では確実に瞬殺出来てしまうので意味がない。
通常で【プラチナメイル】を落とすが、レアで【はめつのたて】(どちらも確率1/128)を所持しているため、2個目のメタルキングの盾を狙うプレイヤーに狩られる事もしばしば。
この系統の例に漏れず、ためる時のアクションは一見の価値あり。
なお、ベリアルやトロルキングらと同様、どんなにこちらが強くてもおどかすと必ず襲いかかってくるので、間違ってもしないように。