※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

概要

ⅥとⅧに登場するモンスター。
人間を襲う巨大なハチの魔物で、その毒針に刺されると神経が麻痺し身動きがとれなくなる。
名前はものすごく強そうだが、序盤の敵。
上位種に【ポイズンキラー】が存在する。
麻痺攻撃を仕掛けてくる蜂ということで、Ⅲの【キラービー】を連想した人は少なくないだろう。

DQⅥ

【夢見の洞窟】周辺とその内部で初登場。
こちらが二人しかいないというのに頻繁に三匹で現れてマヒ攻撃を連発し、さらに攻撃力・HP共に高い難敵。
1人でもマヒさせられると一気に全滅の危険性が高まる。2人ともマヒしても全滅扱いなのも辛いところ。
幸いにして浮遊系なので、ハッサンのとびひざげりが有効。こんな所でもハッサンの偉大さがよくわかるだろう。
マヒさせられない事を祈りつつ素早く倒すしかない。
その後、下レイドック周辺、下アモール周辺、【月鏡の塔】内部と出現し続けるが、これ以降は3人パーティになるので危険性はグッと下がる。
ドロップアイテムは毒消し草。せめて満月草にしてくれよ…

DQⅧ

マイエラ地方とアスカンタ国領、【願いの丘】に出現。
こちらは3・4人パーティを組んでいる上に、攻守も他の敵と同程度。
Ⅵに比べるとだいぶ危険度が下がったといえる。
ドロップアイテムは通常でまんげつ草(やっと落とすようになった)、レアでどくがのナイフ。
おまえ毒蛾じゃなくて毒蜂だろ!

DQMシリーズ

虫系モンスターとして第1作から登場。
虫系×【フェアリーラット】という非常に原理のわかる配合と、
【ドロル】or【メーダ】×ゾンビ系という意味不明な配合で誕生する。
毒攻撃・マヒ攻撃・追い風を習得。
【かがみのとびら】に出現、かなりの確率で毒攻撃をしてくる。
モンスターズではキアリーをさっさと忘れさせてしまう事が多いため、コイツに毒を食らってしまい、治療手段がなく困った人もいるのではなかろうか。
キャラバンハートではドメディの城に出現。
自然系のAランクと大幅出世を成し遂げるが、次回作のDQMJではDランクへと降格してしまう。
これだけにとどまらずDQMJ2では最低ランクのFランクまで落とされてしまった。
しかし、テリワン3Dでは自然系のBランクとなりキャラバンハートのころの地位を取り戻してきている。