※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

DQⅣ

主に5章のバトランドやガーデンブルグ地方で遭遇するモンスター。
濃緑色で大鎌と悪魔の翼が特徴的。
色違いには【じごくのもんばん】【デビルプリンス】がいる。
元ネタはソロモンの72の悪魔のベレス。
召喚する際は、礼儀正しく慎重に接する必要があり、
それを怠った召喚者を炎で焼き殺す、非常に気性の激しい性格だとされる。

そんな元ネタと同じく、とにかくこちらをベギラマで焼き殺そうとしてくる。
困ったことに、やたらと出現率が高く、3体で現れてはベギラマを連発するので、レベルが低いうちは苦戦を強いられる。
また攻撃呪文が効きにくく、特にギラ系やザキ系は素で無効化し、その他の系統もあまり効きが良くない。
反面、ルカニやラリホーといった補助呪文、特にメダパニなんかは効きやすいが、慎重にマホカンタで防御することも多い。
どの道、呪文攻めは絶望的なので、MPは最初から回復に使うつもりで対処し、打撃で始末すると良い。
ちなみに、この系統の敵は上位種族も攻撃呪文と呪文対策用の補助呪文を使える。

DQMBⅡ

第2章から登場。
ステータスはHP:737 ちから:71 かしこさ:93 みのまもり:59 すばやさ:87。
使える技は「デスサイズ」と「ソウルイーター」。
前者は思い切りカマを振りかぶり、敵1体を攻撃。後者は相手に触れずに敵全員を切り裂き、たまに足をすくませる。

中々能力が高いが、技の属性に暗黒が付加されているので魔王、大魔王戦では足手まといに。
しかし主人公の職業が魔法使いだとデスサイズが雷呪文の「デイン」に変わる。
これなら竜王戦などで活躍できるだろう。