※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

概要

Ⅵに登場するモンスター。
廃墟に置かれたままになっていた磨き抜かれた鏡に、邪悪な悪霊の魂が宿ったもの。
モシャスでこちらの仲間の誰かに化ける危険な魔物。
骸骨の枠の中に鏡が入っているという姿をしているためか、
「ボーンデッドミラー」、「ホーンデッドミラー」などというように、名前を間違えられることが多い。
英語で書くと「haunted mirror」。「幽霊に取り憑かれた鏡」などといった意味を持つモンスターである。
【あくまのカガミ】の上位種にあたり、さらなる上位種に【のろいのカガミ】がいる。

DQⅥ

マウントスノー周辺や、【海底神殿】などに出現する。
下のグレイス城周辺でのみ他のの敵と一緒に出現するが、それ以外の場所では必ず1匹・1匹の2匹セットで出現。
直接攻撃の他にまぶしい光を放ち、メラミとモシャスを唱える。あくまのカガミと比べてモシャスを唱える確率が遥かに高い。
やはりHPと守備力に優れており、ヒャド・吹雪系に強く、バギ系には完全耐性を持っている。
こいつと会う段階では、こちらもある程度職業レベルが上がってきてるので、モシャスされてしまうと一気に脅威となる。
特に僧侶や魔法使いをマスターしたキャラに変身された場合は、ザラキやベギラゴンを喰らうことになるので相当の覚悟を要する。
ただし、守備力や呪文耐性がカガミの状態の時より下がる(味方の方が耐性が弱い場合が多い)ので倒しやすくはなる。
とにかく1体に攻撃を集中させて速攻で勝負を決めてしまおう。
変身前の攻撃手段は、たまにメラミを唱えてくること以外は、あくまのカガミと同じ。
この時は、全体的に耐性が高いため、何らかの属性を持った攻撃や補助系の呪文・特技は効きにくい。
バイキルトを併用した攻撃や、元の威力が高いメラミなど攻めるといい。
なお、あくまのカガミとは異なり最初からマホカンタが掛かっていることはないので、呪文が跳ね返される心配はない。
落とすアイテムはいのちのきのみ。

また、【スライム格闘場】のEランク3回戦は、こいつとの一騎打ち。
スライムを強くし過ぎていると、モシャスで一気に逆転される事もある。
特に【はぐりん】での参加は要注意。こちらの攻撃がまるで通らなくなり、ほぼ確実に引き分けになってしまう。