※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

概要

Ⅵやモンスターズシリーズに登場するモンスター。
大きな牙と翼が特徴的な、オレンジ色の筋肉質な悪魔。
色違いに【キラーデーモン】【デーモンキング】がいる。

DQⅥ

大魔王【デスタムーア】の右腕とされる有力者で、夢の世界の重要施設の封印を任命されている
【ムドー】【ジャミラス】【グラコス】【デュラン】の四大魔王と同等かそれ以上の地位。
【牢獄の町】の支配者として君臨しており、気に入らない人間を牢に幽閉してはギロチンにかけたりと、非道な悪役として描かれる。

牢獄の町での革命時に挑むことになり、【ガーディアン】2体と共に現れる。
完全2回行動の【3段階ローテーション】で、地響きor激しい炎火炎斬りorドラゴン斬りルカナンorザオリクの順に行動する。
アクバー自身の火力はもとより、ガーディアンの攻撃力もかなり高く、時々来る痛恨の一撃が脅威。
さらにガーディアンが呼んだ【ベホマスライム】にアクバーを回復されたりすると洒落にならない。
ガーディアンを倒してもザオリクですぐさま復活され、倒さなければルカナンを多用されたりと嫌らしい。

普通に挑むと全員上級職でも強敵だが、実はマホトーンが効いてしまうという致命的な弱点を持っている。
ついでにガーディアンにはメダパニが有効なので、動きを封じるのも容易。
呪文を封じてガーディアンを倒し、スクルトとフバーハで固めてしまえば勝利は目前である。
だがこっちも終盤のボスにまさかマホトーンが効くと思わないし、初見では全滅した人も多いのではないだろうか。
しかもマホトーンが効く確率はそう高くないし、下手に呪文を封じるとルカナンorザオリクを飛ばして行動するため火力は上昇し、下手すると逆に押し切られてしまう。
最初は慎重に体制を整え、駄目押しとして呪文を封じたいところ。

DS版ではガーディアンのHPが削減されているため一掃しやすくなり、地響きも外れるようになったため弱体化。
だがマホトーンが時間経過で解除されるようになったため盤石とまではいかず、下手すると戦闘開始時の状況に戻されることもあり得る。
アクバーには低確率ながらルカニも有効なので、短期決戦で終わらせてしまおう。

ちなみに勝つと、【きぬのタキシード】を落とす。
戦闘直前のシーンで【シスターアンナ】を嫁にしようとしていたので、その加減だと思われる。

漫画版

十万と言う軍勢を引き連れて登場したが、テリーに たったの3コマで一刀両断にされている。
ゲームでの威厳は何処へいったのか…

CDシアター

こちらでは漫画版以上に悲惨なことになっている。
声の担当や戦闘をした描写すらなく、主人公ウィルの「町の人たちの協力を得て、俺たちはアクバーを倒した」のモノローグだけで片付けられてしまった。

DQM1

悪魔系のモンスターとして登場する。
【グレンデル】同士を配合させる事によって誕生する。
また、【アークデーモン】×【じごくのもんばん】の配合でも生まれる。どっちが作りやすいかは人それぞれ。
デスタムーアの配下の中では最も高い地位にあるにも関わらず、作るのは最も簡単である。
だが能力は軒並み高く、????系と比べても遜色ない伸びを見せ、特にMPは悪魔系の中では珍しく最高クラスの成長率を誇る。
特技はイオ、つめたいいき、せいしんとういつを覚える。アクバーと言うよりは、むしろデーモンキングの特技に近い。
なかなか優秀な彼だが、攻撃呪文の耐性が低い、成長が遅いといった欠点がある。
アクバーと【にじくじゃく】の配合で生まれる【ジャミラス】は、能力は彼より僅かに劣るものの、成長が早いという利点がある。

なお、【さばきのとびら】の主として登場する、デスタムーアの右腕ではなくなった彼は、裁判官をやっている。
その際、「魔物をこき使って酷い目にあわせただろう」と、人によっては言い訳のできないところを突いてくる。
オリジナルのアクバーと同じくギロチン常備で、有罪判決を下したら即死刑。横暴さは健在である。
イオナズンにこごえるふぶき、更にはせいしんとういつによる2回連続行動で一気に畳み掛けてくることがあるため、かなりの強敵。
肉を与えても仲間にはならない。

DQM2

基本的に前作と同じ方法で配合可能。
また、悪魔系が出てくる異世界で高レベルのものなら、野生でも会えるチャンスがある。
こちらは霜降り肉でも与えて仲間にすると良い感じ。

DQMJ2P

その後のシリーズでは欠場していたが、久々に復帰。悪魔系のSランク。
【エビルプリースト】×【ゲマ】の組み合わせで生まれる。
作るのが少々面倒くさい割に、能力は賢さが800に達するのを除けば殆どが600前後と物足りない。
素早さに至っては250とアホみたいに低く、ほぼ後手に回る上に攻撃を外しまくることもザラ。
挙句の果てには 【強者のよゆう】で行動不能になる。
この程度の能力で「強者」を気取られても困るものがある。
まぁ、1枠で【AI2回行動】を持っている以上、ある程度は仕方ないのかもしれないが。
成長はそこまで遅くは無いが、素早さをスキルで上げない限りメタル系を自力で倒すのは難しいといえる。

【暗黒の魔人】との配合で【デスピサロ】が、【ムドー】との配合で【ドーク】が生まれる。

テリワン3D

オリジナル版同様、さばきの扉の主をやっている。
今回は倒すと仲間になってくれる(本人は「これ以上罪を犯さないように監視する」みたいなことを言ってくるが)。

J2P同様1枠でAI2回行動持ちのため能力値は心許ないが、強者のよゆうが無くなり+50以上でいきなりインテが追加されるため、前作よりは利用価値が向上している。

配合方法は【スライムジェネラル】×【ドラゴンコープス】の組み合わせに変更された。
【サンダーバード】との配合でデスタムーアが、ムドー・【バルザック】【カンダタ親分】のいずれかとの配合でドークが生まれる。

クリア後はアクバーが仲間にいなければさばきの扉最下層で倒すだけで仲間になる。
Sランクなので、手っ取り早く位階配合最上位のモンスターが欲しい場合にも役立つ。

また、裏ボス撃破後のお見合い配合所に登場することがあり、名前はバークレー。
性別は♂で、所持スキルはいなずまガード(100pt)と守備力アップ3(100pt)。

DQMBⅡL

【レジェンドクエストⅥ】の6章で、ビクトリーでは7章でそれぞれ登場。
ビクトリーではお供に【ガーディアン】を2体連れている。
技は「暗黒ラッシュ」と「暗黒火炎弾」。

HP以外のステータスと技は【デーモンキング】の流用。
合体モンスターと同じ扱いゆえステータスが他のモンスターより高く、単体攻撃を2連続で繰り出す。
呪文は効きづらいので他の技で攻めること。特に光属性がよく効く。
悪魔系なので【あくまのツメ】【天帝のつるぎ】なんかも有効。