※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

DQⅦ

【はなカワセミ】の色違いの派手派手しい鳥型モンスター。
その名のとおり有毒の鳥で、クチバシに毒を持っている。
主に過去の砂漠地方に現れ、毒攻撃をするほかにスカラを使うこともある。
ただ、スカラを使われて怖いかというと別段そうでもない。
パラメータも低く、ニフラム以外の呪文は全て有効なので、大して脅威ではない。
この手のあからさまな有毒モンスターのお約束として、どくけしそうをドロップする。
色はやたらと鮮やかであるが、自然界の有毒な動植物は、しばしば派手な色で捕食者に警告を放つ性質を持つため、こいつの姿は間違ってはいない。

余談だが、ニューギニアにはピトフーイという、有毒の鳥類が生息している。
主に皮膚や羽毛に神経毒を持っているが、これらの毒は餌の甲虫類に由来するとされる。
ピトフーイの外見は【ピッキー】に近く、鮮やかな色が警告色になっているらしい。
このポイズンバードも派手派手しい色合いで、いかにも毒を持っている色をしている。