※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

概要

Ⅳやモンスターズに登場する、ちょっと太った黄土色のサンショウウオのようなモンスター。
上位種に【ベビーサラマンダ】【マッドルーパー】がいる。

DQⅣ

【さえずりの塔】【女神像の洞窟】にのみ出現する。経験値が低く、毒の息を連発するイヤな敵。
特に3章では、持ち物欄を毒消し草に費やすのも考え物だし、かといってそれがないと毒をくらったときに非常に困る。
女神像の洞窟では、【エレフローパー】と組んで一匹で出るので急いで倒すべきである。
落とすアイテムはどくけしそう。

DQM1、2

ドラゴン系として登場している。
体色が黄緑色になっているが、これはFC版で没になった頃のマッドルーパーと同じ色である。
1では【いかりのとびら】などに、2ではルカ編のみ海賊の世界のフィールドなどに出現する。
イル編ではシナリオで訪れる世界には出現しないが、ドラゴン系×ゾンビ系の基本配合で生み出せるので、入手は容易である。
習得する特技はどくこうげき、どくのいき、なめまわし。
賢さはあまり成長しないが、HP、MP、攻撃力は比較的成長しやすい。
毒のスペシャリストとも言うべきモンスターなだけあって、毒耐性は完璧。

DQMBⅡ

第1章から登場。
ステータスはHP:698 ちから:61 かしこさ:38 みのまもり:89 すばやさ:23。
使える技は「どくのした」と「エアプレス」。
前者は舌で敵1体を叩き、毒の追加ダメージを与える。後者は身体を膨らませ、敵全体を押しつぶす。

力が低いので、毒の追加ダメージを持つ「どくのした」を中心に攻めたいところ。
武闘家と組むとエアプレスが「どくのきり」になる。
この技はお尻からオナラ…もとい毒ガスを噴き出して敵全員に風属性のダメージを毒の追加ダメージを与える。
これでより火力の低さを補えるので武闘家と組ませた方がいい。