※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

概要

海に出現するブタの顔をしたフグのモンスター。海のみに出現する。
トラフグならぬブタフグといったところだろうか。
【ピッグマリオン】の下位種。

DQⅧ

毒を持っており、噛み付いてくるようだが、鼻を押し付けているようにしか見えない。
また毒攻撃の成功率は低く、同じ海域に出るおおうつぼがやはり毒攻撃を頻繁にやってくるので、印象が薄い。
HPも低く、ザキ系以外の呪文耐性に対してもてんで弱いので、他の敵と現れたら後回しでいいだろう。
落とすアイテムはどくけし草かうろこの盾。

DQMJ

自然系のFランク。野生では生息していないが、位階配合で簡単に誕生する。
みかわしアップの特性を持ち、水属性で回復、マホトラを無効化する。能力はランク相応。
所持スキルはハンター。

DQMJ2

自然系のEランクに昇格した。雨下の平原のいざないの扉付近で出会えるほか、位階配合でも誕生する。
特性はビリビリボディとマインドブレイクに変更された。耐性はボミエに弱く、マホトラを無効化する。
所持スキルはハンターと変わらず。

DQMJ2P

自然系のDランクに昇格。出世魚である。
謎のレア化を遂げ、野生でも出現せず配合でも作れなくなった。
一応大会の参加賞や、前作からの引継ぎで手に入るが、裏を返せば通信環境が無いと手に入らない。
あまりにもマイナーすぎて開発スタッフにも忘れられてしまったのか?
特性は前作と同じだが、強、最強化するとどく攻撃とマヒブレイクを習得する。
特性は有用だが、HPが低めでマインドに弱いのが難点。
こいつと悪魔系でエビルアングラーが誕生するが、ちょっともったいない。

テリワン3D

自然系のEランクに降格した。
相変わらず野生でも出ず配合でも作れないが、白か銀の卵から生まれたり、他国マスターが連れていることもある。
特性はマインドブレイクがヒャド系のコツに差し替えられたほかは前作と同じ。
特徴も前作と同じ。究極化すると攻撃力と守備力と素早さが4桁になるので壮観かもしれない。