※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

DQⅥ

下の世界の北西に位置する島にある町。
町から北東には【夢見る井戸】があり、高山を挟んだ南西には【ジャンポルテの館】がある。
緑豊かで小さな町だが、その規模にそぐわず2つの武器屋に宿屋、防具屋、道具屋が揃い踏みしており、
さらにはゴールド銀行まで備わっているため、かなり住みよい場所ではないかと思われる。
この町の周辺で主人公は初めてスライムと戦うことになる。

シエーナ西の大穴から落ちた主人公が、下の世界=現実世界で初めて訪れる町。
しかしこの時主人公は姿が見えなくなっているため、町人は誰も主人公の存在に気づかない。
町の隅には何やら悪だくみをしているらしい二人組もいるが、この時点での主人公にはどうすることもできず、素通りするしかない。
町の子供である【ジミー】【キャロル】から「町の北東に不思議な井戸がある」という話を聞けるので、そこへ向かえば元の世界へ戻ることが可能。

主人公に「もう一つの世界」の存在を知らしめる町だが、ストーリー上の出番はこれで終わり、以後特に立ち寄る必要はない。
ただし【ゆめみのしずく】を使って下の世界でも姿が見えるようになってから再訪すると、
悪だくみをしていた二人組に町長の娘【エリザ】が誘拐されるというサブイベントが発生する(【トルッカの誘拐イベント】)。
結構な大金や貴重なアイテムをもらえるので、頃合いを見て再び訪れよう。