※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

DQⅤ

今作の【隠しダンジョン】
クリア後に入ることができ、【エビルマウンテン】の南側すぐの毒沼に入口がある。
【暗黒のすごろく場】(リメイク版のみ)1階には入口のヒントがあるのだが、知らない人も多いかも知れない。
出現するモンスターは、呪いばかり使う【ライオネック】に稲妻&マホカンタがとにかく厄介な【ガメゴンロード】、攻守力がとてつもなく高い上にマホカンタで呪文を跳ね返す【メカバーン】、マヒャドやベホマズンを使いこなす上に痛恨まで繰り出す【セルゲイナス】など、最強レベルの奴らがゾロゾロ出現する。
しかし何といっても、【ヘルバトラー】なくしてはこのダンジョンは語れないだろう。
イオナズンに激しい炎と強力な攻撃ばかりしてくる上に、HPが500近くもある。
しかも仲間になるために、地下4階で彼を狩りまくるプレイヤーは後を絶たない。
しかしその確率は非常に低く、PS2版ではカーソルが出てきて「やった!」と思ったら【じごくのサーベル】だったのはもはや恒例。
最深部にはあの地獄の帝王【エスターク】が待ち構えている。装備やレベルはちゃんと整えていこう。

各フロアの概略

地下1階

とにかく落とし穴が多い。といってもちゃんと目視できるものなので慎重に歩いて行けば突破できるはず。
主人公の最強装備である【ひかりのたて】があるので忘れずに回収しよう。
ライオネックがよく出現するので、仲間にしたい人は狙ってみよう。
それ以外にも仲間モンスターの出現種類が非常に多い。はぐれメタル、メタルスライムも出る。
リメイク版では入ってすぐに【謎のすごろく場】へと続く階段がある。

地下2階

毒の沼地があるフロアと、【無限ループ】があるフロアに分かれている。
毒の沼地のフロアには、地下1階から階段で下りるか落とし穴に落ちると来ることができる。
【たたかいのドラム】があるので、忘れずに回収しよう。
無限ループのフロアは、分岐が8回もあり、間違った道を進むとスタートに戻されてしまう。
【ロンダルキアへの洞窟】を彷彿とさせる。確実にマッピングしながら進もう。
ただ実は正解ルートは左上左上右下右下と単純明快だったりする。
階段を下りた十字路で右に行くと宝箱有り。意外と見落としやすい。
SFC版では、ここで出現テーブルが変わりゲーム中最強クラスの敵が出る。
一方、リメイク版は次の階から。DS版ではマップが狭くなっている関係でノーエンカウントで抜けられる。

地下3階

無限ループ、と思いきや同じ構造の部屋が南北に幾つも連なっている。
地下2階から来てすぐ南の部屋へ進み、すぐに東側の部屋に進めば地下4階へ行ける。
最も北西の部屋の宝箱には【メタルキングよろい】がある。
リメイク版ではここから出現パターンが変わる。ヘルバトラー屈指の狩場。
結構高い確率でメタルキングも出てくるので、レベル上げの場としても使えるだろう。

地下4階

毒の沼地以外に特にこれといった仕掛けはないが、宝箱には【はかいのてっきゅう】がある。
敵味方ともにたたかいのドラムを多用することになるため、戦場にはやたらとドラムが鳴り響く。

地下5階

最深部。一本道の周りには溶岩が煮えたぎる。エスタークとの決戦の場。