※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

DQⅢ

イシスの北にあるダンジョン。魔法のカギをとるために侵入することになる。
非常に仕掛けや罠が多く、Ⅲのダンジョンの中でもトップクラス。
イシスの子供が歌っていた歌をヒントにまんまるボタンを押さないと、カギが入れられた宝箱には辿り着けない。
ただ子供の歌からはボタンを押す順序は分かっても、肝心のどのフロアのどの辺りにあるのかという事が分からない。
ボタンはグラフィックで表現されておらず見ただけでは分からない為、初心者は手当たり次第に壁を調べる羽目になる。
またリメイク版では【おもいだす】が実装された為か、ボタンが増えている。リメイク前と同じだと思って登録せずに行くと苦労する。

地下1階には地下2階への隠し階段がある。興味のある人は探してみよう。
尚、隠し階段の位置はオリジナルとリメイクでは異なるので要注意。 FC版は南西、リメイク版は北東となっている。
地下2階には【おうごんのつめ】も隠されているが、この階層では呪文が使えなくなる点に注意。
しかもおうごんのつめはご存じ2~3歩ごとに強制エンカウントという代物。
これを一度取ったら最後、呪文が使えない中敵の猛攻を潜り抜けなければならない。自信がないという人は後回しにしよう。

エンカウント率は低めだが、高い攻撃力で痛恨まで繰り出す【ミイラおとこ】【マミー】をはじめ
ラリホーを連発してくる【だいおうガマ】や補助の鬼【わらいぶくろ】など、敵はかなり強い。
ニフラムが効きやすい敵が多めなのでうまく駆使して切り抜けよう。

敵より問題なのは数多のトラップ群。落とし穴や呪文封印階層、まんまるボタンや警報機付き宝箱はまだマシな部類。
ここには実質即死トラップがある。ご存じ【ひとくいばこ】である。周りの敵は攻撃力50程度なのに、こいつは200という馬鹿げた破壊力を誇る。
逃げることもできないので、開けてしまったらほぼ終了である。しかも1階の宝箱は全部空っぽか人食い箱。そんなひどい…。
うっかり開けて1人ずつ一撃でかみ殺されていく絶望感は多くの人が経験したことだろう。
リメイク版では1階に小さなメダル入りの宝箱があるが、リメイク前の人食い箱の恐怖を知るプレイヤーは
1階の宝箱を全部スルーした結果、気付かれない事も…。
宝の回収はインパスを覚えてからにすべし。