※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

Ⅴに登場するダンジョンは【封印の洞窟】参照。

トルネコ3

本編クリア後に挑むことができるダンジョンの一つ。今までの【不思議のダンジョン】に近いダンジョン。
持ち込みは10個まで可能だが、レベルは1から開始。挑む前にセーブされ、やられたり途中で電源を切るとアイテムは全部失う。
仲間モンスターを連れて行った場合、仲間モンスターのレベル、ステータスはそのまま。

当初はヘルジャスティスによって封印されたプチット族たちを救出することが目的となる。
プチット族は7Fと8Fの間、15Fと16Fの間、20Fと21Fの間、25Fと26Fの間にそれぞれ捕えられており、一組助けるごとにいったん脱出するか、そのまま進むか選ぶことができる。
プチット族たちを助けていくごとに【プチットの村】に住人が戻り、施設が復活していく。
全ての住人を助けると、【不思議の宝物庫】【まぼろしの洞くつ】に挑むことができるようになり、また、マダム・グラコスから【クロウアンドレア】を受け取れる。
ポポロで、鍛えた仲間モンスターを引き連れて行けば、26Fまではすぐだろう。
持ち込み前提なので一階から敵が強く、盾を装備する前にやられる事がある。注意。
【マドハンド】系と【くさった死体】系が種類を替えつつ長い間出続けるため、【とじこめ投げ】もありうる。
が、一番目立つのは10階から延々と出てくるモシャスナイトだろう。ただただウザい。
封印の洞くつ限定種は、【マージマタンゴ】【どぐう戦士】【たまねぎマン】【デスストーカー】【バズズ】【ベロベロ】(GBA版では【メタルライダー】も)。
メタルライダーはテーマ別モンスターハウスにも出てこないため、必ずここから連れ帰る必要がある。

クリア後の持ち込み有りダンジョンの中では、まともにアイテムが落ちている唯一のダンジョン。
【はぐれメタルの剣】【キラーヘッド】【分裂の杖】【転ばぬ先の杖】【ミニデーモンの指輪】【祝福の壺】など、普通に落ちているアイテムでも、有用且つここ以外では持ち帰りが難しいものも少なくない。
狙い目のレアアイテムは、店か発掘で入手できることがある【せいぎのそろばん】【ルカナンソード】、壁の中から発掘できる【必中の剣】、40F以降でのみ発掘できるクロウアンドレア、深層の店でのみ売っている【ベビーフォーク】【ホワイトクロス】、そして75F以降に落ちていることがある【パルプンテの巻物】など。
カギ部屋では指輪といった黄金シリーズ各種と、【印の盾】【ロトの剣】を入手できる。
99Fまで潜って全てのカギ部屋を漁れば、ロトの剣、黄金の盾、黄金の指輪と、合成のベースとして申し分ない性能の装備が確実に揃うのがうれしい。
不思議の宝物庫に挑む前にここで装備を揃えておきたいところ。

クリア後のダンジョンとしては難易度が低めなのでプレイ人口はさほど多くなかったが、
最近では【異世界の迷宮】クリアから連続でここに挑むプレイ(【200階プレイ】)や、持ち込みなしで挑むプレイも出てきている。
ぶっちゃけ異世界よりも難しい。まあ、製作者側が想定してないことだし。