※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

DQⅥ

魔王【ムドー】が居を構える孤島の大要塞。
【ムドーの島】の断崖絶壁の上にそびえ立っており、陸路での侵入は不可能。
主人公たちはミレーユの呼び出した【黄金の竜】の背に乗り突入する。

Ⅵの物語は、主人公・ハッサン・ミレーユの3人でムドーの城へ突入したところから始まる。
なぜか敵が一切現れない事を不審に思いながらも魔王ムドーとの決戦に挑んだ3人は、ムドーの操る幻術の前にあえなく敗北。
肉体を現実世界に、精神を夢の世界に分離され、彼らの長い自分探しの旅が始まることになる。

再びムドーの城へ突入するのは序盤の大詰め、チャモロが仲間になった直後となる。
今回は通常通り内部に敵が出現するが、ここが序盤の最大の難関。
攻撃力、守備力が非常に高い【デビルアーマー】、メラミを使う【ようじゅつし】、眠らせてくる【ラリホーン】
火炎の息を吐きまくる【バーニングブレス】など、強力な攻撃を仕掛けてくる敵達が集まっている。
そして、超強敵の【あくまのツボ】が潜んでいるので2Fの壷は絶対に調べないように。
SFC版では【ひとくいばこ】まで存在したが、流石に意地が悪すぎると判断されたのかDSではアモールの水に変更された。

このダンジョンが難関なもう1つの理由は引き返せないこと。
先述の通り陸路ではなく空を飛んで侵入するために引き返す道がない。
また、一度入るとルーラで飛んで来られるようになるのだが、着陸ポイントも外の入口の前ではなく城の内部。
しかも城の扉には鍵がかかっているため外に出ることは出来ず、その上ルーラでの脱出も不可能。
このため、一度入ったらムドーを倒すか全滅する事でしか外に出られない。
そしてムドーが強い。2戦目(累計3戦目)のいわゆる本気ムドーはシリーズ有数の全滅ポイントである。
泣く泣く金銭を半減してしまう事が多いので、お金はできるだけ銀行に預けておこう。
一度ムドーを倒せば、1Fの部屋から外へ戻れるようになる。

ただし、1つだけ必ずムドー戦前に入手しておきたい物がある。ご存じ、道具使用でメラミが撃ち放題の【ほのおのツメ】だ。
ハッサンの石像から斜め右後方にあるデカい扉を開けて、奥へ進んだ先にあるバリアに囲まれた宝箱がそれ。
番をしている【ヘルビースト】を2体倒す必要はあるものの、これがあるのとないのとではムドー戦の難易度がまるで違うので、必ず取っておくこと。

ハッサンの実体奪還、ムドーとの決戦、ダーマ神殿の復活など、
ストーリー的にもシステム的にも大きな山場となるダンジョンである。