※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

DQⅧ

【隠しダンジョン】の前半部分。
サザンビーク国領のやや北西寄り、ベルガラック・ラパンハウスから東側にある高台の遺跡のような場所に入口がある。
クリアして一度宿に泊まると入口の様子を夢で見ることができる。

4階構造で、下層から上層へ昇っていくタイプなのだが、
暗い洞窟に加え、途中には雲を下に望む道があることからかなり高い場所を通っているように見えたりと、謎の多い構造となっている。
特筆すべきが、出現する敵がトップクラスの強さであること(裏ダンジョンのないⅨは除いて)。
攻撃力300代のパワータイプと、攻撃力100代だが嫌な攻撃を連発するタイプにうまく分かれており、
旧作品の強敵だった個体が多いので心理的な威圧感もある。
凄まじい威力の痛恨を繰り出すデスストーカーやステータスが高いケムンクルス、
死の踊りで容赦なく冒険に終止符を打とうとするホロゴーストといった奴らが集団で出てくる他、
2回行動でザラキや痛恨を連発するパンドラボックスも4~5匹の集団で通常出現するのだからたまったものではない。
最上層には、後半部の【天の祭壇】にも出現する超強敵のベリアルまで出てくる。
なお、ここの中盤にもメタル軍団(はぐメタ3匹+メタキン+はぐメタ3匹、メタキン2匹)が出るが、
その確率はゲーム中トップクラスの低さなので全くアテにならない。

更にきついのが、このダンジョンには地図がないこと。
ルートは間違えさえしなければ比較的一本道だが、中途半端なレベルで迷い込むと、あっという間に全滅へと追い込まれる。
途中には死神の盾やメタルキングの槍といった貴重な武具もあるが、
一度で攻略しようとは思わずに何度かに分けて潜入するのをお勧めしたい。
下手に逃げたりして回り込まれるとかえって傷が広がる可能性が高い。
慎重に行くなら、トヘロスが有効になるまでメタル系を倒してレベルを上げてから入ろう。
Lv50程度になれば、トヘロスで大体の敵は封じられる。
無事に抜ければ中継地点である【竜神族の里】がある。

主人公のは、に会いに行くべくここを通って行ったが、途中で力尽きてしまった。
現在は、父が力尽きていたその場所に墓が建てられ、同じ場所で眠っている。
何も、こんな凶暴な魔物のうろつく所に葬らなくてもいいだろうに。
ちなみに、竜神族の里に辿り着く前にリレミトで脱出すると入口の遺跡に戻るが、
竜神族の里に辿り着いた後にリレミトで脱出した場合、どちらの入り口から入っても竜神族の里に戻る。