※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

概要

天空三部作に登場する伝説の武具、いわゆる【天空シリーズ】の1つ。
額に青い宝玉を配し、左右に竜の翼をあしらった優美な兜である。
兜であるはずなのだが、その割には頭部を覆っている部分が妙に少なく、どちらかと言えば「冠」に近い。

形状的にはⅥの【セバスのかぶと】に類似しており、他の天空装備ともどもセバスの兜の後の姿であるという説が有力。

DQⅣ

勇者のみが扱える武具にして、【天空への塔】を登り天空城へ行くためのキーアイテムの1つ。
公式イラストの勇者は男女ともにこれを装備した姿で描かれている。
守備力30で、リメイク版では眠り・マヒ・混乱に耐性がつく。

その入手条件は【スタンシアラ】の王様を笑わせる、という意外なもの。
モンバーバラ劇場の芸人【パノン】を連れていけば入手できるので、理論上船を手に入れれば即座に入手可能である。
守備力30は時期的に並の鎧よりも強固であり、早い内に入手しておけば勇者が大幅に強化されるだろう。
ただ、パノンはあらゆる敵を耐性無視で眠らせる謎の武器【まどろみのけん】を装備した中々使えるやつであり、
リメイク版ではどこかへ連れて行くたびにダジャレを言うために目的をほっぽらかしてパノンを世界中に連れ回すプレイヤーが続出。
結局天空シリーズの中で一番最後に回収されることも多い。

ちなみに、イラストで男勇者が被っているものと女勇者が被っているものでは頭頂部の形状が違うように見えるが、
これは単に女勇者のブロッコリーヘアーに兜の上部が埋もれているだけと思われる。
なんつー髪の毛だ。

DQⅤ

勇者が必要とされる時が来るまで【テルパドール】の王家が代々受けついてきた秘宝。
青年期前半から目にすることは可能だが、残念ながら主人公(と、ピエールとか)は装備できずまだ入手することはできない。
手に入るのは青年期後半、「天空の剣を軽々と振り回す少年」こと主人公の息子が誕生してからである。
一見サイズが合わないように見えた兜は、少年を勇者と認めると自ら収縮して少年にちょうど良い寸法へと変化。
彼が天空の勇者である証左となったのである。
これを手に入れることによって男の子の肩書きが「主人公の息子」から晴れて「でんせつのゆうしゃ」になる。

守備力は50にアップしており、作品中3番目の守備力を誇る強力な装備。
Ⅳにはあった状態異常への耐性は失われており、実は鎧と同様にストーリー上必ずしも入手しなくていいアイテムでもある。
しかし、無料でこんな強力な防具が手に入る機会をスルーするのも勿体ない。
青年期後半が始まったらまずはテルパドールへ向かうと良いだろう。
天空の兜入手、ドラゴンキラーや氷の刃の購入、ゴレムスの加入など、青年期後半に入ったらすぐにやりたいことは非常に多い。

DQⅨ

久々の復活。守備力+31の他に特殊効果はなし。
天空装備というよりは、Ⅳの勇者のコスプレ装備の1つとして登場。
性能はコスプレ装備の中では高めであるがあくまでコスプレ装備であり、同じく復活を遂げた【ロトのかぶと】など本職の兜に比べると性能はだいぶ劣っている。

DQM2

装備品としてではなく、貴重品として登場している。
【てんくうのかぎ】の世界で小さな洞窟の奥でボスのはぐれメタルを倒すと入手できる。
これと天空の剣、天空の鎧を集めると、この世界にいる魔王と接見できるようになる。