※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

DQⅡ

Ⅱのエンディングテーマ。
『ドラゴンクエストⅠ・Ⅱ・Ⅲ』では、「資料をみる」モードで右下のスライムを選択すると、この曲とともにスタッフロールが流れる。
Ⅲのエンディング【そして伝説へ】と並んで人気の高い曲であり、この曲と同様にテレビ朝日「題名のない音楽会」(2011年10月9放送)にて演奏された。
また、Ⅴ発売後の【ドラゴンクエストマスターズクラブ】の「シリーズ中で好きな音楽は?」という人気投票では、見事4位を獲得している。

Ⅱの難易度の高さや曲自体の完成度の高さに加え、DQでは数少ない「歌詞のある曲」である点も人気の大きな理由といえる。
藤公之介氏により作られた、少年時代の夢を思い出させるノスタルジーな歌詞は、まさに今大人となった「DQⅡ」リアルタイム世代にこそ聴いて欲しい内容。
卒業式で歌われることもあるというこのボーカルバージョンは、これまでに3度のシングル化がなされている。

1987年 愛知和男版

DQⅡ発売の同年、(なぜか)衆議院議員の愛知和男氏が歌ったもの。
なお、愛知氏はこれ以外に特に歌手活動は行なっていない。生涯唯一のシングルである。

1991年 団時朗版

アニメ版【ドラゴンクエスト ダイの大冒険】のエンディングテーマ。
「ダイ大」自体の知名度もあり、恐らく最も有名なのはこのバージョンであろう。

団時朗氏は当初歌手としてデビューしたが、「帰ってきたウルトラマン」で主人公・郷秀樹(=ウルトラマン)を演じて以来俳優業に専念しており、「この道わが旅」はかなり久々の歌手活動となる。
なお、「帰ってきたウルトラマン」のオープニングテーマもすぎやま氏作曲で団氏が歌っている。

1993年 ルーラ版

「DQのBGMに歌詞をつけて歌う」事を活動内容とする異色の女性デュオ、【ルーラ】のバージョン。
翌年のアルバム【ドラゴンクエストのうた】にも収録されている。
渋い男性の歌声と優雅な女性の歌声、聞き比べてみるのも一興だろう。