※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

DQⅣ

【気球】に乗っているときに流れる音楽。

Part=A:10小節、B:8小節、C:5小節、D:7小節、E:11小節、F:15小節、G:10小節、H:7小節、I:11小節、J:5小節
Making=A→B→C→D→E→F→G→H→I→J→繰り返し
Key=無調
BPM=A:113、B~C:116、D:108、E:118、F~G:110、H:105、I:116、J:126→104(NHK交響楽団)
Rhythm=
A:3/4、B:4/4→5/8→4/4→5/8→4/4→5/8→2/4、C:9/8→4/4、D:4/4→3/4、E:3/4→4/4、
F:4/4→6/8→5/8→2/4→4/4→5/8→4/4→5/8→4/4、G:4/4→5/8→4/4→5/8→4/4、
H:4/4→3/4→5/8→4/4→6/8→4/4、I:9/8→4/4→3/4→4/4→5/8→3/4、J:4/4
Loop Time=2:55(NHK交響楽団)

変拍子、転調、複雑な和音。とにかく難解な曲である。
Aパートだけを聴くと普通の曲なのだが、Bパートから怒涛の変拍子ラッシュが始まる。
拍子については、DQ史上最も難しい曲と言えるだろう。
演奏したり、MIDIに起こしたりするには相当な音楽センスが必要である。

曲自体も長く、FC版の時点で既にA~Jまでの10パート89小節、1ループ2分40秒もある。
「のどかな」と題してこのような曲を作曲してしまうすぎやま氏、やはり只者ではない。
モンスターは出ないとはいえ、空の旅には危険が付き物と言うことだろうか……。

ちなみにⅣの気球は熱気球ではなく、【ガスのつぼ】を用いたガス気球である。