※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

Ⅲ以降に登場する盾。
「鱗」という名前からなんらかの生物の鱗を使っているものと思われがちだが、
実際は金属片を鱗状に貼り付けた様を指してのものである。
これは金属をそのまま加工するよりも安価で作ることができる分、打撃にはやや弱くなる。

本編シリーズ

皮の盾に毛の生えた程度の守備力の場合が多いが、登場時期の早さと安価であること、
一部のキャラはこれ以上強い盾を装備できない(例として【ビアンカ】【フローラ】)といった事情もあり、
それなりに、日の目が当てられている盾。

これ以降は鉄の盾など、目に見えて強い、そして高い盾が現れるので、
戦士キャラは節約して皮の盾を使うか、少しでも強化しておくかの選択を迫られる。

トルネコシリーズ

性能そのものは本編に準じているが、力を下げる毒を防ぐ能力がある。
なお上記の説明の通り、金属で作られた鱗なので錆びる。

1で防ぐのは【おばけキノコ】の毒だけなので注意。罠等の毒は防いでくれない。
なので、もっと良い盾があればキノコのいなくなる13階で捨ててしまって良い。
どうでもいいが、とても鱗状には見えない外見である。

2では毒全般を防ぐようになり、また毒も多彩になったので重要度が増した。
特に【マージマタンゴ】の毒は力と同時に速度も下げてくるので、後半でも出番はある。
もっとも、ちょっと強い盾があれば合成するのが普通なので、この盾自体の出番は少ないだろう。

3以降はリストラされたが、少年ヤンガスでは【こうらの盾】が毒を防ぐ能力を受け継いでいる。