※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

DQⅥ

【木洩れ日の中で】をアレンジしたイベント曲。
お祭りや宴の際に使われる曲であるが、Ⅶの【うたげの広場】のような賑やかなイメージとは異なり、木管楽器をメインとした静かめな曲である。
SFC音源ではオーケストラ版よりもやや高めの音であり、独特の雰囲気を持っている。

ストーリ一中ではライフコッドの精霊のお祭りとホルストックでのホルス王子の洗礼祝いの宴、
エンディング中では夢の世界のライフコッドと現実世界のレイドックで流れる。
また、裏ダンジョンの中間にあるデスコッドも到達時点では精霊のお祭りの最中なので、ここでも聞くことになる。

エンディングのレイドックでは曲名どおりダンスの曲として使われる。
しかしEDで使われるときはターニア・村人ともバーバラともお別れとなる悲しい場面であり、
バックで流れるこのリコーダーの曲がより一層プレイヤーを切なくさせる。
特に建物の中に入ったり会話をしている最中には音量が小さくなる演出があり、臨場感を醸し出している。
Ⅵの中でも人気曲の一つ。