※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

DQⅦ

【オチェアーノの剣】【ガイアーラのよろい】【フエーゴのかぶと】と並び立つ、Ⅶの伝説の盾。
他作品の【ロトのたて】【てんくうのたて】に相当するが、主人公だけでなくアイラ・メルビンも装備可能。
【烈風の神殿】の宝箱から入手でき、守備力60、かっこよさ30と数値は結構な高さ。

守備力自体は盾では2番目の高さを誇るが、肝心の耐性が吹雪ブレスとヒャド系呪文を30減らすだけである。
メラ・ギラ・イオ・炎・吹雪を30減らせ、しかも【プレミアムバザー】で格安で買える【メタルキングのたて】と比べるとあまりにも貧弱である。

他にもライバルとしてメラ・ギラ・イオ・炎を25減らせる【みかがみのたて】がある
(尤も、此方は守備力では一歩譲り、耐性の重複はないが…)。
終盤において炎耐性と吹雪耐性はどちらもありがたいものの、雑魚でも灼熱や煉獄火炎の使い手が吹雪系の使い手以上に存在する上、
メラゾーマやイオナズン等を放ってくるモンスターもごまんといる点を踏まえると、みかがみのたての方がトータルで有用性は高いだろう。
せめて冷気だけでなく風属性(バギクロスや真空波など)を軽減できたなら評価は違ったのかもしれないが。

おまけに道具使用効果が使いづらさで有名な【マホターン】である。
基本性能は決して悪くないが、多くのライバルの盾の存在や特殊効果の器用貧乏な所以で、伝説の盾の割には今一つ強くないと言わざるを得ない。
一応ガイアーラのよろいとは耐性が対になっており、一緒に装備すればバランスよく耐性が得られるのだが。

トルナード(tornado)はイタリア語やスペイン語で竜巻のこと。
英語で言うところのトルネードである。

因みに、これらⅦの伝説の武具は冒頭イベントで聖者像に装備させる武具と対応している。
大地の聖者に聖者のよろい→大地の精霊からガイアーラの鎧
風の聖者に聖者のたて→風の精霊からトルナードの盾
炎の聖者に聖者のかぶと→炎の精霊からフエーゴの兜
水の聖者に聖者の剣→水の精霊からオチェアーノの剣

一見ポッと出に見えるⅦの伝説の武具にも、一応出自がある事は頭の片隅にでも留めておいて損は無いだろう。
冒頭イベントからラスダンまでのプレイ時間が長すぎるために、気にとめている人はほとんどいないようだが…

3DS版

メタルキングの盾が最大でも2つしか入手出来なくなり、日の目を見るかと思いきや、【ひかりのたて】【女神の盾】が登場したお陰でやはり最強の盾からは一歩引いた存在になってしまった。守備力は光の盾の方が上の為、第3位に後退している。
一応すれちがい石版を一切使わないというプレイをしていれば、日の目を見るという点では若干改善されているだろうか。