※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

概要

Ⅵ以降の作品に登場する盾。
Ⅴの【マジックシールド】が、名前を変えて続投。
いずれの作品でも中盤で市販されており、力があまり無い人でも装備できる数少ない盾として重宝する。

リメイク版DQⅢ

バハラタなどで売られている。
なんと武闘家以外のすべての職で装備でき、魔法使いにとってはこれが最強の盾である。

2000Gとリーズナブルな上に守備力も25とそこそこ。
おまけに呪文ダメージを1/4軽減する。
ルビーの腕輪などを売り払えば簡単に人数分揃うだろう。

DQⅥ

アークボルトなどで売られている。
守備力20に加え、かっこよさは21。さらに炎系呪文を8ポイント軽減する。

前衛系のキャラはもちろんのこと、魔法系キャラであるチャモロ、バーバラも装備できる。
この二人はこれを逃すと、エンデのたてやみかがみのたてまでロクな盾が無いのでぜひ買っておきたい。

おしゃれな鍛冶屋で鍛えるとかっこよさが38ポイントまで増加するため、コンテストでも役立つ。

人間キャラのうち、なぜかミレーユだけは装備できない(メタルキングのたては装備できるのに)。
そのため、彼女は長い間を片手に戦うハメになってしまう。

DQⅦ

メザレなど中盤の防具屋で売られている。
守備力が18に下がったが、炎系呪文を10ポイント軽減できるようになった。

メルビンはこれを逃すと水鏡の盾までロクな盾が無い。
もし買っていなければ、マーディラスの宝箱に入っているものをあてがおう。

DQⅧ

サザンビーク城などで市販されている。
また、鋼鉄の盾祈りの指輪守りのルビーを錬金し作成することも出来る。

守備力は27で、呪文ダメージを15軽減できる。
性能はいいが、ヤンガスとゼシカは装備できないので注意。

これを材料にして氷の盾炎の盾力の盾を錬金できるが、全部市販されているので無理に作る必要は無い。

DQⅨ

グビアナ城下町で購入できる。攻撃魔力と回復魔力が8上がり、地属性と光属性以外を5%軽減できる。
錬金で【せいれいの盾】【げんまの盾】に強化できるので取っておくといい。

トルネコ2

紫色の水晶のように丸いデザインをしている。
不思議、もっと不思議、試練の館の店で手に入れるか、剣のダンジョンに落ちている。

敵の使ってくる魔法を無効化出来る。催眠攻撃など魔法は受けるとまずいものが多いので必須。
これがあると無いのとでは安全性は全然違うので絶対に合成したい。

GBA版では【わざふうじの盾】と共に、不思議のダンジョンでは41F以降の店でしか出現しなくなった。
もっと不思議、剣のダンジョンでは登場しない。試練の館は変更無し。

不思議のダンジョン、試練の館ともに出現率はかなり低い。入手する前にクリアしてしまうこともザラ。
見つけたら是が非でも手に入れよう。

DQMBⅡ

第一章に登場。
装備すると敵の呪文をガードすることがある。
賢さの低い戦士に装備させよう。
排出期間が短かったが、盾自体種類が少ないので、度々スターターセットに再録されてきた。

なお、次の章で登場した【みかがみのたて】との違いとして、ガード率は劣るものの、呪文攻撃であれば何でもガード出来てしまうので、まほうのたてが使われる事が多かった。