※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

DQⅥ

夢の世界で使用可能な乗り物。
夢の世界の【クリアベール】の町にある、空を飛ぶことのできるベッド。
魔法のじゅうたん同様、森や山地などの高い構造物を飛び越える事は出来ない。
名前を聞くだけだと何とも珍妙な響きのする乗り物だが、これは現実世界のクリアベールに住む
不治の病で寝たきりの【ジョン】少年の「自由に何処へでも飛んで行けたら」という空想の産物のためである。
自由な空想の産物なのに「ベッド」と言うのがまた、寝たきりの少年の悲哀を醸し出している。

そんなジョン少年を勇気づける為に旅芸人の【パノン】は、現実世界のクリアベールの北にそびえ立つ、【運命の壁】の頂上で採れる勇気の欠片を素材とした、勇気のバッジをプレゼントする約束を交わしていたが、パノンは結局間に合うことは無く、ジョン少年は「本当に自由に、空を飛べる」ようになってしまった。
旅立ったジョン少年の最期の願いを叶えてあげたいと言う、ハリス・マゴット夫妻の願いを果たしてあげると、お礼としてジョン少年のベッドで一晩休ませて貰うことが出来る。
眠りに就くと夢の中でジョン少年にお礼を言われ、バッジのお礼にベッドをプレゼントされる。
そして目が醒めると、そこは夢の世界のクリアベール。
ベッドはひとりでに空を飛んでいき、久方ぶりにクリアベールの町の上空を飛び回った後、一行は空飛ぶベッドを手に入れるのである。
魔法のじゅうたんの様に道具として持ち運ぶ事は出来ず、用途も夢の世界の限られた範囲のみと活躍は地味だが、初めて手に入れる空を飛ぶ乗り物に興奮したプレイヤーも少なくは無いだろう。
低空飛行のため、海・浅瀬は越えられるが、森・山を通過することはできない。また、SFC版では「1歩も歩けない平地」には着地できない。

入手後に探索できる範囲には、【ザクソン】の村へ行ける井戸や【ロンガデセオ】へ行ける階段があるが、出てくる敵が手強いので注意。

なお、DS版では【ホイミン】が乗りたがっており、空飛ぶベッド入手後に話しかけると仲間にできる。