※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

・イオ系呪文
【イオ】―【イオラ】【イオナズン】【イオグランデ】

概要

Ⅲ以降で登場する呪文。
敵全体に約15~28のダメージを与える、【イオ系】の基本呪文。
バラバラに表れた雑魚敵の駆除に適している。使用時に、この呪文が発動する装備品が多めなのも特徴。

DQⅢ

消費MP5、敵全体に16~23のダメージ。
【魔法使い】がLv.11前後で習得する、最後の初級呪文である。
Ⅲではメラ・ギラ・イオは全て同じ炎属性の上、Lv.14でダメージが1.5倍くらいあるベギラマをさっさと習得するため、
バラバラに現れた敵に均等にダメージを入れるのが主な仕事となる。

DQⅣ

消費MP5、敵全体に16~24のダメージ。【マーニャ】がLv.11で習得する。
メラ・ギラ・イオがそれぞれ別の属性になったことで使い勝手が良くなった。
【とうだいタイガー】戦辺りでは主力となる。

DQⅤ

消費MPは5のままだが、ダメージが20~30に底上げされた。
【ヘンリー】【女の子】も習得するが、最大の使い手はなんといっても【ピエール】だろう。
主人公やマッシュのブーメランと並び、序盤の全体攻撃として大いに活躍する。

DQⅥ、Ⅶ

消費MPとダメージはⅤから引き継ぎ。
どちらも職業では覚えられず、Ⅵでは【ミレーユ】【レッサー】が自力習得、Ⅶでは【メルビン】が最初から覚えているのみ。
ミレーユはともかく他はほとんど使う時がないだろう。

ただ、リメイク版Ⅶでは【マリベル】がLv.9で覚えるようになり、地位が大幅に向上。
マリベルの戦力が大幅にアップした上、イオ自身も過去最高クラスに活躍する作品となった。
ザコが出たらとりあえずイオ。ボス戦でもルカニ掛けたらイオ。MP消費はやや痛いが。
それだけにダーマシナリオで呪文を剥奪されてしまうのがますます痛い。

DQⅧ

【ゼシカ】がLv.14で習得。消費MPは相変わらず5。
最初は16~24程度だが、【かしこさ】が高いと36~44まで上昇するように。
序盤では主人公のブーメランと並んで貴重な全体攻撃になっている。

DQⅨ

攻撃魔力 65 200 400 600 800 999
ダメージ(100%) 20~30 27~37 38~48 49~59 59~69 70~80
成長倍率(加算値) 100%(+0) 129%(+7) 172%(+18) 215%(+29) 257%(+39) 300%(+50)
Ⅸでは魔法使いがLv11、賢者がLv8で習得する。
魔法使いが【イオラ】を覚える時期が遅いため、基本的にはブーメランが出てくるまで唯一の全体攻撃である。
イオ系は賢者は全て習得し魔法使いは3段階目までしか習得しないのだが、攻撃魔力差で魔法使いが威力で上回る場合が多い。
ちなみに最初はメラよりも威力は高いが、威力の伸びが非常に悪く攻撃魔力400程度でメラに後れを取るようになる。
【雷・爆発属性】で弱点を突けば威力を上げることが可能。
イオ系はマシン系の敵に強く、序盤の堅いマシン系の敵の始末に大いに役立つだろう。
成長倍率に関してはそこそこ高いが、純粋なダメージの加算値では全呪文で最も低い。
威力で見ればⅨの中ではバギに次いで弱い攻撃呪文だが、活躍できる時期も長いため侮ってはならない。

クエストNo.116【まだまだ眠る大賢者】では、「イオで【黒竜丸】を倒す」事を要求される。
何でイオで倒さなくてはならないのか疑問だが、最高威力の低いイオで倒すのは地味に辛い。
黒竜丸の最大HPは1800だが、DQの敵は最大HPの100~80%のHPで出現するようになっているため、「1790くらいになったらイオ使えばいいや~」とか思っていると大抵倒してしまう。
1500を超えた辺りから魔力覚醒+テンションを貯めたイオを使って削っていこう。