※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

DQⅦ

Ⅶのラスダン深部に登場するモンスター。
【ヌーデビル】【デスゴーゴン】の色違いである。
魔界獣であって、魔怪獣ではないそうだ。まあどっちでも意味は通るが。
Ⅷに登場した【まかいじゅ】とは多分関係ない。

高い攻撃力を生かしての力押しが主な戦法であり、大抵の呪文は効くが、
マジックバリアで耐性を上げることがあるので侮れない。
ただ、【風のアミュレット】を装備していればほぼ先制できるので、速攻で眠らせれば大丈夫だろう。

DQMBⅡL

【レジェンドクエストⅦ】の第六章で【ネンガル】【炎の精霊】と共に登場。
同系モンスターのデスゴーゴン同様、攻撃力が高く属性攻撃のほとんどが効かない。
ヒャド系呪文で攻めれば高いダメージが期待できる。
技は「スクリューホーン」と「ジゴフラッシュ」。技のモーション等は賢者と組んだデスゴーゴンの使い回しで、性能もほとんど変わらない。
ただし「スクリューホーン」はデスゴーゴンの「ハリケーンホーン」と違って特技である。

ビクトリーでも続投。第九章に【オーガキング】【ヘルバトラー】を連れて登場する。
また、レジェンドクエストⅦをSランク以上でクリアする事でカードを入手し、こちらも使用可能となる。
ステータスはHP:867 ちから:153 かしこさ:63 みのまもり:56 すばやさ:11。
技はレジェンドの頃と変わらないが、魔法使いと組むと、ジゴフラッシュが「魔界の吐息」になる。これは暗黒属性のブレス攻撃で、猛毒、ダウンオール、混乱、精神的行動不能のいずれかの状態異常をランダムで引き起こす技である。

性能はデスゴーゴンより攻撃性能が良くなったが、耐性面は劣っている。でも、ランク相応に使い勝手は良い方である。