※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

DQⅦ

Ⅶで登場するモンスター。
【タイムマスター】のお供として登場する魔物で、彼の使い魔であるようだ。
使い魔だけに、よくファンタジーもので悪い魔法使いの使い魔として登場する【インプ】とは同じ配色である。

通常攻撃の他にヒャドを唱えてくるが、ステータスは高くなく攻撃も激しくはない。
ただの取り巻きの雑魚にしか見えないが、なんとタイムマスターをさしおいて【ときのすな】を使う。
しかも2匹出てくるので、運が悪いと一時間以上戦闘させられることもある。
流れが良いうちに、急いで倒すべきだろう。使うならイオラ等で2匹まとめて倒したほうが後腐れない。

また、ラリホーなども有効なので1体だけ眠らせておいて、
こちらの旗色が悪くなった場合に叩き起こして時の砂を使ってもらう……という戦法もあるにはあるが、
そんな都合良く使ってくれるとは限らず、待ってる間にこちらが全滅しかねないので過信はしないほうがいい。

タイムマスターよりも後に倒した場合、こいつが【ふしぎな石版黄】を落としていくことになるが、
その場合モンスター図鑑でタイムマスターの「落としたアイテム」の欄が埋まらなくなってしまうので注意が必要。

なお、公式ガイドブックでは彼らの紹介は無く、タイムマスターの紹介文に「二匹の使い魔を率いて~」とだけ書かれている。
【グラコス】戦の前座、【海底のゴースト】の紹介は乗っているのだが、一体マキマキが何をしたのだろうか。