※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

概要

Ⅶ、Ⅸに登場するモンスター。
【デビルアーマー】の上位種で【サタンメイル】の下位種。
鎧の色はⅥに登場するボスの一人【ゾゾゲル】と同じ。

DQⅦ

DISC2にて、現代の【ウッドパルナ】周辺やユバール地方などに出現。
見た目通りかなりの守備力を持ち、呪文耐性も全般的に高い。
攻撃方法は通常攻撃のほかに火炎斬りや魔人斬り、ムーンサルトを使う。
攻撃力も高いので、魔人斬りが当たるとかなりのダメージを受ける。
デイン系はそこそこ効き、ルカニ系も確実に効くので、これらを使えば楽勝…と思いきや、マホターンで跳ね返してくる。
Ⅶのマホターンは先制効果があるので、完全な敗着。
そんなわけで【のろいの歌】など、跳ね返されない方法で守備力を下げるか、ギガスラッシュ等で一気に決めてしまおう。
ちなみに落とすアイテムは魔法の鎧。直球ど真ん中だ。

DQⅨ

【絶望と憎悪の魔宮】のほか、宝の地図の洞窟(水・氷タイプ)にも出現。
Ⅶで披露した多彩な特技はオミットされたが、マジックということでラリホーを唱えてくる。
呪文は相変わらず効きにくいが、土属性の特技にはめっぽう弱い。また、こいつ自身にもラリホーが効いてしまう。
今作もやはり魔法の鎧を落とす。まれに【ハルベルト】を落とすことも。
【てっこうまじん】の上位種ではあるが、強さとしてはほとんど変わらない印象。
ただ、水タイプのメタルキングオンリー地図を使うプレイヤーにとっては非常に印象に残る。ラリホーやめれ。