※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

概要

Ⅷなどに登場する、赤い身体をしたモンスター。名前の通りトカゲなのだが、分類はドラゴン系である。
体内に貴重な宝石【アルゴンハート】を持つために多くの宝石商人から狙われており、人間嫌いの種族として知られる。

DQⅧ

【サザンビーク】王家では、【王家の山】に住むアルゴリザードを(本来は1人で)倒し、
その体内からアルゴンハートを持ち帰る事を歴代王子に試練として課している。
しかし現王子【チャゴス】は性格は最悪の癖にトカゲ嫌いのヘタレで、このままでは王位継承がままならないため、
仕方なく主人公一行がアルゴンハート採集の手助け(というか、代行)をする事になる。
倒すたびにアルゴンハートは手に入るのだが、このデブが「こんな小さいのじゃヤダ」みたいな駄々をこねるので、何度か戦うことになる。
雄叫びと猛毒の霧を使うが、あまり強くはない。キアリーにMPを使わされるくらい。
守備力が高いのでルカニやかぶと割りも使おう。
呪文はイオ、バギ、デイン系が効くので、ドラゴン斬りやかまいたち、しんくうはを中心に。
ラリホーが少し効くので、まどろみの剣で攻撃すれば行動を邪魔しつつ戦える。
なお、アルゴンハートの大きさはコイツの体格に影響するようで、【アルゴングレート】【大アルゴンハート】を持っている。

DQMJ

モルボンバ島や名も無き島に出現。
Ⅷではこちらの姿を見かけるとすぐに逃げ出したが、今作ではこちらが強くないと猛烈な勢いで突進してくる。
能力値は悲しいくらいにMPと賢さが成長してくれないので素直に通常攻撃メインで。
Ⅷの影響か、【にげあしさいきょう】の特性を持っている。
4体配合するとアルゴングレートになる。 所持スキルは【どくが】

DQMJ2

ドラゴン系のFランクに属する。
ランクは低いが出現は遅く、魔界エリアにおいてアルゴングレートなどと共に出現する。
能力の傾向は前作と同じ。

DQMJ2P

密林にも出現するようになり、序盤から出会えるようになった。
特性に「マヒ攻撃」が付くようになり、能力値も無印と比べて上昇。
強種、最強種にすればそれぞれ【こうどう はやい】「フールブレイク」が付く。
特に「こうどうはやい」は大きく役立てられる特性である。

DQMBⅡL

レジェンド第一章後期で敵チームのみで先行登場し、レジェンド第二章「怒れる大地」でカード化された。
ステータスはHP:658 ちから:61 かしこさ:52 みのまもり:77 すばやさ:116。
使える技は「メラミ」と「おどかす」。
前者は敵単体に炎呪文、後者は相手全体を威嚇して足をすくませる。
また、魔法使いと組む事で、メラミが体内の宝石を吐き出して攻撃する「アルゴンハート」に変わる。

しかし、攻撃手段が乏しく、ちからやかしこさも微妙なので攻撃役に向いてない。高いすばやさを活かして相手を動けなくさせよう。素直にネタとして【おどる宝石】【ミミック】とかと組んで必殺技【マキシマムアルゴンハート】を使ってみよう。

なお、【リザードマン】同様、本編でドラゴン系として扱われているが、こちらではドラゴン系ではなく 獣系 である点には注意しておきたい。間違っても対戦相手にこいつが出て来たからと言ってSPカード【秘剣ドラゴン斬り】なんか使ってはいけない。