※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

・バギ系呪文
【バギ】ー【バギマ】ー【バギクロス】【バギムーチョ】

概要

Ⅲ以降で登場する呪文。
敵1グループに25~55くらいのダメージを与える。
【バギ】以上にダメージ幅が大きいので、討ち漏らすことが多いが、コストが低いため割と使える。
これを覚えるキャラが、他の攻撃呪文を持っていないことが多いのも使える理由か。


DQⅢ

初登場。敵側には何故か、機種を問わず使用者がいない。

有効な敵は多いのだが、覚える時期が遅いのが欠点。
魔法使いが威力の近い【ベギラマ】をLv14、【ヒャダルコ】もLv20で覚えるのに対し、
バギマは僧侶Lv26にならないと覚えられない。

魔法使いと一緒に育てていると、あちらは既に【ヒャダイン】(FCでは【マヒャド】)を覚えてしまっており、どうしても空気になりがち。
とはいえ使えないわけではないので、敵によって【ザラキ】と使い分けるのが良い。

DQⅣ

やはり有効な敵は多く、燃費が良くなり、抜群に使いやすくなった。

しかし、やはり覚えるのが遅いのが欠点。Ⅲよりは多少マシだが。
ベギラマは【マーニャ】がLv14、ヒャダルコは【ブライ】がLv11で覚えるのに対し、バギマは【ミネア】がLv23にならないと覚えられない。

ミネアは回復、補助のために入れるようなものなので、やはり出番は少ない。
ただし有効な敵は多いので、MPに余裕がある時に手が空いたら使っておくと良い。

【てんばつのつえ】がこの呪文の効果を持つので、そっちではやたら印象に残る。
今回から敵も使用する。【サブナック】【ガオン】の集団に唱えられるとかなり危険。

DQⅤ

【主人公(Ⅴ)】がLv16で覚える。習得時期がやっと適正になった。

本作は物理優勢の作品だが、バギマ修得後しばらくの間はバギ系への耐性持ちが少ないので、意外と使い勝手は良い。
消費MPが4と少なく、燃費が良いのも大きい。

リメイク版では【序盤3強】【アプール】が習得する呪文になったことでさらに使う頻度が多くなった。
バギマの最盛期であろう。一方のバギクロスは残念なことになっているが…。

DQⅥ・DQⅦ

【チャモロ】がレベル15で習得する他、僧侶★6で覚えられるようになった。
基本職で習得できるものの、特技の影に隠れてしまう運命。

DQⅦ

【メルビン】が最初から習得している他、僧侶★6、【船乗り】★7、【ゲリュオン(職業)】★4で習得可能。
敵には妙に使い手が多く、【ヌーデビル】【ダークビショップ】などの終盤の敵までバギマを唱えてくる。

DQⅧ

ククールがLv18で覚える。最初は20~44程度、最高で52~76まで上昇する。
威力はまずまずなので、そこそこ使える。ダメージの振れ幅もバギ系の中では小さい。

Ⅲ同様に、てんばつのつえの効果として活躍する機会も多い。
敵側も【ウィッチレディ】【ホークマン】といった強敵が早い時期で使用。要警戒。

DQⅨ

攻撃魔力 100 200 300 400 500 999
ダメージ(100%) 25~55 36~66 47~77 58~88 69~99 125~155
旅芸人がLv30、スーパースターがLv36で習得する。消費MPは8と今までのバギ系の特徴であるコストの安さが消えてしまった。
Ⅸでも使い勝手はあまり変わらず、ダメージのバラつきが大きい。
【こうげき魔力】によって威力が変わるのはⅨ共通だが、【バギ系】は使い手の問題であまり差を感じられないだろう。

まずこの呪文を使うにあたって問題がある。
1.旅芸人はこの段階で既に基本威力がバギマよりも大きい【ヒャダルコ】を習得している。
2. ヒャダルコはLv16、魔法使いのイオラはLv28で覚えるのに対し、バギマの習得レベルは旅芸人が『30』、スーパースターは『36』
3.このレベルでは普通に攻撃した方がまだ強い。スーパースターに至ってはクリア後なので使う機会が皆無。
4.威力がブレまくる割に平均火力も高くなく、燃費も悪い。
5.攻撃魔力999あっても1段階上のバギクロスの威力を超えられてない。

習得レベルがやたら遅い上に火力も低く、使い手が中途半端、燃費も悪く、属性も特に恵まれておらず、グループ攻撃。
まるっきり良いところが存在せず、バギマはⅨの攻撃呪文の中では屈指のネタ呪文となっている。
まだ使う機会がある下位呪文よりもひどい扱い…。地味にイオラ並みに成長率がいいが、それでも使わない。
元よりあまり目立つ呪文では無かったが、落ちるところまで落ちしまった感じである。

その一方で敵側はかなり使用者が多く、暴走させてくるモンスターも多い。
中盤の【ブラックタヌー】に始まり、ラスダンの【ギガントドラゴン】までコンスタントに登場する。