※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

概要

Ⅲ以降に登場する呪文。
小さな氷塊や氷の矢を一瞬で作り出し、敵1人を攻撃する。
【ヒャド系】の基本呪文であり、同じ単体攻撃呪文である【メラ】より二回りほど大きい威力を持つ事が多い。

割と早いレベルで覚えられるⅢ、Ⅳ、Ⅵでは中々使い勝手が良い反面、ⅤやⅦではとんでもない冷遇を受けている。
作品によって扱いが良かったり悪かったりする極端な呪文である。


DQⅢ

初登場。【魔法使い】がレベル5で習得。消費MP3。
威力は25~34とかなりのものであり、初期呪文であるメラの3倍近いダメージを叩きだす。

打撃ダメージが10ポイント台の時期にはかなり感動的な数値であり、アリアハン大陸の敵は当然一撃。
【カンダタ】などのボスに対しても有効なため長く活躍する。
魔法使いは実質、これを覚えてからがようやく本番といっていいほど。

DQⅣ

【ブライ】が最初から覚えている。

Ⅳでは、魔法使いの攻撃呪文の習得者がヒャド系とそれ以外で分かれており、
ヒャド系を担当するブライはそれ以外の系統を覚えず、ヒャドはブライにとっての基本呪文となっている。
それゆえに10~14ダメージとメラと同等近くまで威力が落ちており、
消費MPもメラと同等の2に減っているため、名実ともにブライ版メラといったポジション。

威力は減ったが序盤の打撃でない攻撃手段と言うことでやはり重宝される。

DQⅤ

史上最もヒャドの扱いが悪い作品。SFC版ではなんと味方が誰も覚えない!
【まほうつかい】などの敵専用行動となっているのだ。しかも仲間になると忘れてしまっている。

一応内部データには味方がヒャドを使った際のグラフィックが用意されており、
開発中の各誌の特集では実際にそのグラフィックが公開されていたのだが、
製品版ではお目にかかれない幻のエフェクトとなってしまった。

PS2版では【女の子】が最初から覚えている。消費MP3、ダメージは25~35。
ようやく「存在しない呪文」からは脱することができたが、なにしろ娘の加入は青年期後半なので、使い道はない。
DS版では仲間になったプリズニャンが最初から覚えているので、青年期前半に入ってすぐくらいには使うことが可能となった。

DQⅥ

職業で覚えられない呪文。消費MP3で25~35ダメージ。
【ミレーユ】がレベル9、【メッキー】がレベル7で覚えるのみ。
ミレーユのMPは回復用に温存したいところではあるが、【シャドー】のような硬い相手にはケチらず使うべき。
残念ながら一番効いて欲しい【ストーンビースト】は強耐性である。

DQⅦ

史上2番目にヒャドの扱いが悪い作品。
覚える方法は上級モンスター職の死神貴族のみ!
この職業に就けるのは頑張ってもゲーム後半。それどころかこの職業にお目にかかる事無く
クリアしてしまう事の方が多い。どう考えても使いどころはない。

序盤にマトモな攻撃手段のない【マリベル】に使わせてくれても良かったのでは…。
ちなみに3DS版では削除された【しっぺ返し】の代わりに【イオ】が入った為、ヒャドは相変わらずの状態である。

DQⅧ

【ゼシカ】がレベル10で習得。
最初は20~28程度だが、最終的に【かしこさ】の上昇で44~52まで上がる。
メラよりは大分マシだが、ヤンガスの通常攻撃と同程度の威力。
MPを消費する攻撃であることを考えると、まだまだ威力不足。ヒャダルコが待ち遠しい。

DQⅨ

攻撃魔力 50 200 400 600 800 999
ダメージ(100%) 25~35 39~49 58~68 77~87 95~105 114~124
成長倍率(加算値) 100%(+0) 147%(+14) 209%(+33) 272%(+52) 334%(+70) 397%(+89)
魔法使いがレベル6、旅芸人がレベル8で習得する。
Ⅸでは序盤の敵の守備力が高く、ダメージが通らないことも多いので非常に重宝する。
序盤の敵が使用するこの呪文も威力が高く脅威なので、二重の意味で良くも悪くも世話になる呪文だったりする。

氷属性なので炎系の敵には弱点を突きやすいが、序盤のボスはヒャドに耐性を持つことが多いので注意しよう。
ライバルのメラ系に比べて成長倍率はやや低いが、加算値に関しては若干ヒャドの方が上回る。だからどうと言う程違いは無いが。

今のはマヒャドではない…ヒャドだ…」が出来るようになったのはいいが、何かメラゾーマに比べるとしょぼい気がしてならない。