※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

概要

Ⅳに登場する、ももんじゃ系最上位モンスター。
同種に【ももんじゃ】【ダックスビル】がいる。
ももんじゃとメイジのアンバランスさが素敵。

DQⅣ

結構固い上にヒャドを唱えることができるモンスター。
4章の【コーミズ西の洞窟】で初登場。
ここでは単体でのみ出るがかなりの強敵。だがキングレオ周辺だと4匹も出てくる。
でも、洞窟の最深部で【オーリン】が仲間になっているので案外楽に倒せる。オーリンの引き立て役である。
5章でもアネイル周辺にしょっちゅう4匹組で現れるが、このころには大して強くはないだろう。

トルネコ2

モンスターズでももんじゃが使った【くちをふさぐ】攻撃を使用してくる。
どこがメイジかと思ったら、なんと口塞ぎは魔法なのである。
それも、たとえ倒してもそのフロアにいる間、ずっと口が使えなくなるというかなり強力な魔法。
これだけでも結構厄介だが、同じフロアの【マンドラゴラ】が腹を減らしてくるので、
パンを食べたくても食べられないという最悪の状況に陥ることもある。
ちなみに口を塞がれると会話もできなくなるので、店での買い物もできない。
せっかくレアアイテムを見つけても買えず、【泥棒】しようにも巻物も草も使えないなんて悔しさを味わう。
魔法使いにとっては正に鬼門。こいつのいるフロアは即降りした方が身のため。
魔法使いはお腹が減らないのでマンドラゴラは怖くないが、【ドッグスナイパー】のおかげでより即死度が上がっている。

トルネコ3

トルネコ3でもウザさは遺憾なく発揮され、一撃で倒しきれない微妙なタフさと封印攻撃が厄介。
特に、ポポロだとモンスターを仲間にできなくなるのがつらい。
成長が早いので仲間にすれば役に立つが、混乱させられたときなどは非常に危険でもある。
なお、口塞ぎは2とは違って魔法ではなく技になり、技封じの指輪でないと防ぐことが出来なくなった。
【マージマタンゴ】にも言えることだが、これではスキルももんじゃである。

少年ヤンガス

口塞ぎは無くなり、ルカナンを使う普通のメイジに戻っている。
レベルが上がるとハッスルダンスを使えるようになる他、固有技の【とうぞくのはな】も覚える。
とうぞくのはなはヤンガスと合体しないと使えないが、なかなか便利。