※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

概要

Ⅴやモンスターシリーズ、少年ヤンガスに登場するモンスター。
銀色のボディを持つ機械仕掛けのドラゴン。上位種に【メカバーン】がいる。


DQⅤ

ボブルの塔の地下階層や大神殿、ジャハンナ周辺に出現する。

通常の打撃に加え、強化攻撃として足で踏みつけてくるほか、【ゴーレム】を呼ぶ。
しかも攻撃力・守備力が210もあり、戦いが長引きやすいかなりの強敵。
呪文耐性も高く、イオ系は効くものの、メラ、ギラ、ヒャド系に加え、デイン系も効果が薄い。
炎・冷気ブレスもあまり効果が無く、補助呪文もルカニ系以外は完全に無効。
スクルトとルカナンを上手く併用し、イオナズンが使えるなら惜しまず投入しよう。

だが、問題は大神殿で出現した場合。ここには【エビルスピリッツ】というあの悪名高きモンスターが出現。
こいつが一緒に現れ、更に「戦いのドラム」を鳴らされたらもうお手上げ。
攻撃力420(+ダメージ1.25倍の強化攻撃付き)の容赦ない打撃で、絶大なダメージを貰ってしまう事になる。
そのため、エビルスピリッツと一緒に出現したときは、多少のダメージは覚悟で後回しにして、あちらを先に片付けよう。

極稀にⅤ最強の鎧である【メタルキングよろい】をドロップする事があり、大量に狩りまくったプレイヤーもいるだろう。

DQM1、2

物質系として登場。
物質系×アンドレアルで作成可能な上、アンドレアルがドラゴン系×ガップリンで容易に作ることが可能とサービスが良い。
他にもキラーマシンorキラーマシン2×ドラゴン系の組み合わせなどでも生み出せる。

習得する特技はがんせきおとし(2ではひのいき)、みなごろし、すなけむり。
スライム系との配合でメタルスライム、キングスライムorぶちキングとの配合でメタルキングを生み出せる。

ゴールデンゴーレム作成に必須のようがんまじんの配合素材でもある。

DQMJ

物質系ではなくドラゴン系のCランク。
ダースドラゴンにメタルハンター又はメタルライダーとの配合で作ることができる。

カルマッソ襲撃後のジェイルのアジトでスカウトすることもできるが、クリア後にはいなくなってしまう。
しかし、デモンスペーディオ戦後にはお見合いセンターに♂がいる。
そのため♀のグレイトドラゴンがいればメカバーンが簡単に作れるので気にしなくていい。

テリワン3D

さそいの扉に低確率で出現するほか、エンディング後に行く事になるれっぷうの扉やらいうんの扉に出現する。
配合方法は従来とは違い、ダースドラゴンに【メタルスライム】を配合すれば生み出せる。

こいつに【アンドレアル】【グレイトドラゴン】を配合すれば、メカバーンが生み出せる。
メカバーンは【はくりゅうおう】の素材になる上、スカウトできるのが裏ボス撃破後とかなり遅いので、
配合チャートの上位のモンスターを生み出すのにこいつのお世話になる事も多くなるだろう。

ちなみにこいつ自身を普通に戦わせても意外と強い。

少年ヤンガス

通常攻撃に加え、【レーザー】を使うなどかなりテクニシャンになった。

DQMBⅡ

第4章から登場。
ステータスはHP:922 ちから:95 かしこさ:13 みのまもり:121 すばやさ:6。
使う技は「メタルブレス」と「はがねのキバ」。
前者は口から電撃を吐き出し、敵全体を攻撃。後者は鋼鉄のキバでかぶりつき、敵1体を攻撃。

耐久力はピカイチで、はがねのキバの会心発生率の高さが魅力的。モンスターマスターの称号でかなり強化できる。
ただし、かしこさの低さが目立つので呪文だけは気をつけよう。
バトルマスターと組むと、メタルブレスが背中から炎を発射し、敵全員を攻撃する「ホーミングフレア」に変わる。