※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

DQⅦ

【シャドーナイト】【ダークアーマー】の上位種で系統最上位種。水色をしている。
現代のユバール族の休息地周辺やダークパレス、激流の洞窟、烈風の神殿および謎の異世界の一部にも出現する。
名前を見れば分かるだろうが、【モシャス】を使う。能力をコピーされるの恐ろしいが、7は変身した後のグラフィックが妙にリアルに表示されるため、精神的ダメージもデカい。
モシャスを使わなくても攻撃力は高く、守備力依存の痛恨の一撃を頻繁に繰り出してくる。
マホトーンは一応効くが、その前に攻撃呪文を連発して倒したほうがいい。
倒すと【はじゃのつるぎ】を落とす事がある。

トルネコ3

ウザいモンスターとして知られている。
隣接したモンスター(敵味方問わず)に変身し、特殊能力を使いそのターンに元の姿に戻る。
初登場は中盤の山場である【遺跡の大空洞 北】で、全てのフロアに出現し続ける。
素の能力だけでも厄介だが、特に【サンダーラット】に変身されないよう注意。
その後クリア後のダンジョンにて頻繁に姿を現し、【封印の洞くつ】では10階~90階まで延々と出てくるし、【異世界の迷宮】では58階~65階と出現階層は少な目だが だいまどうやおどる宝石に変身されるととんでもない目に遭う。
更に、【不思議の宝物庫】でも21階~28階 飛んで55階~63階まで現れ、【マダンテ】を使うゴールデンスライムと隣接されたりすると目も当てられない。
勿論味方モンスターに変身されて強力な特殊能力でひっかき回される危険性も孕む為、ドープサンダーラットよりもドープはりせんもぐらが薦められる理由でもある。
変身したまま行動されるわけではないが、厄介な敵と隣接して特殊能力を使われると危険。

なお、特技のないモンスターや攻撃系の特技を持つモンスターに化けると攻撃をしてくるが、
その際に反射したダメージで倒すと、化けたモンスターの経験値を獲得できるという小技もある。しかも経験値量は変身したモシャスナイトのLv値に比例するので、化けた相手によっては通常よりも多く入って来る
(特に異世界の迷宮でエリミネーターやデビルロードに変身させてトドメを刺すと、只でさえ経験値の多いオリジナルの2倍もの値になるので美味しい)。


さて、このモンスターのもう一つの厄介な能力が「攻撃をかわしやすい」だろう。
さらに、激しく攻撃して通常攻撃よりも大きいダメージを与えてくることもあるので、こちらが攻撃を外している間に激しく斬りつけられてどんどん体力を奪われる。
しかも、同じタイプのシャドーナイトと違いなぜか浮遊系でないので弱点もない。普通に倒しても経験値も低い。
前述通り【やいばの盾】を合成した盾を用意してダメージ反射させられれば多少は楽になる。
それ以外の対策法なら杖を使うか、【剣系】モンスターなので【水がめ】で水をぶっ掛けてやろう。これは確実に当たる。
他、高回避率を逆手にとって罠にかけるという方法もある。それができないなら爆風で消してしまおう。
ちなみに、変化の杖などでこのモンスターには変身できない。

仲間にした場合、【防御・晩成】タイプなのでHPや攻撃力は大して上がらないが、防御力がよく上がるので 持ち前の回避率も手伝いなかなかタフ。
ドーピングでHPと攻撃力を上げまくれば強豪モンスターの一角として大活躍する。
因みに、他のモンスターに化けて敵を倒すと、その敵からは経験値が得られないのが難点。

【おおめだま】【じごくのよろい】【レノファイター】と同じく、4つの99Fダンジョンに皆勤の優遇モンスターである。