※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

・混乱呪文
【メダパニ】―【メダパニーマ】/【メダパーニャ】

概要

Ⅷ以降に登場する呪文。
その名の通りメダパニの上位版で、敵全体を混乱させる。消費MPは10。
他の補助呪文の効果範囲が広くてもグループにとどまる中、メダパニ系は他を出し抜いて全体対象の呪文が登場した。
混乱自体の効果もかなり強力で、優遇されていると言える。
バランスを考えると、メダパニをかつてのように単体に戻し、こちらをグループにすればちょうど良いのだが…。

メダパニの上位種は本編と外伝でなぜか名前が異なり、
本編では「メダパニーマ」、モンスターズでは「メダパーニャ」を通している。

DQⅧ

ククールの【カリスマ】スキル66ポイントで覚える。
地味に思えるかもしれないが、この呪文、実は非常に使える呪文である。
理由は、裏ダンジョンのモンスターに非常に効くからである。もちろん、他のモンスターにも有効。
特に強敵である【ベリアル】【パンドラボックス】【トロルキング】に効くのはでかいと言えるだろう。
裏ダンジョンは裏ボスの仕様上、何度も通ることになるので必然的によくお世話になる。

DQⅨ

【魔法戦士】がLv31で習得する。
混乱呪文は使用者の攻撃魔力が高いほど効きやすく、また、メダパニよりも成功率は高く設定されている。
最初は無耐性の敵に対しても成功率は75%だが、攻撃魔力が799以上になると100%成功するようになる。
ただⅧと違って、やたら強い敵ほど混乱に強or完全耐性を持っている事が多く、Ⅷほどお世話になる場面は少ないと思われる。
また、敵側の使い手も登場しており、【ダークデンデン】【れんごくまちょう】などが唱えてくる。
メダパニは敵が使う場合は単体対象だが、これは当然全員に効果があるし、成功率もメダパニより高いので非常に厄介。
混乱は治す方法が少なく、耐性防具が無いと危険。
盾スキルの【まもりのたて】や装備品などで効く確率を減らしたいところ。

DQMBⅡ

第二章からSPカードとして登場。使用者は【ブライ】
敵全体を大混乱させる。混乱が効きにくい相手にも通用し、おまけに混乱とは違い、攻撃で解けず、確実に動けなくする。

対処法は呪文なのでSPカード【マジックバリア】【マホステ】、状態異常SPなのでSPカード【いてつくはどう】でも防げる。当然、それらをガード出来る盾も有効だ。