※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

DQⅤ

【死の火山】のボス。漢字で書くと溶岩原人。
【ほのおのリング】を守っており、これを手に入れるために戦うことになる。
【ドロヌーバ】【ジェリーマン】の色違いで、SFC版は赤紫色(ジェリーマンと同色)、リメイクではオレンジ色の体色。
ちなみに、同じくドロヌーバ系が登場するⅦとⅨでは【マグマロン】に出番を奪われたのか、登場していない。

SFC版

死の火山の最上階で3匹同時に戦う。
お世辞にも強そうには見えないグラフィック、ボスのくせに3匹同時に出る点などから一見雑魚のように思えるが、その実は燃え盛る火炎を連発して全員に大ダメージを与えてくる強敵。
反面、通常攻撃は周囲の雑魚と同等程度で、様子を見ているだけの時もあったりと運の要素が大きい。

正攻法で戦うと苦戦するが、実は眠りや混乱がたまに効いてしまうため、まずは動きを止めるのが定石。
ラリホーやメダパニを覚える【スラリン】【ドラきち】【クックル】などは格好の出番。
ただし1匹ずつ3グループになっているため、グループ呪文を効くまで唱え続けるのは効率が悪い。
1~2匹の動きを止めたら残りを1匹ずつ仕留めにかかるのがいいだろう。
他にはルカナンとマヌーサが効き、さらに強耐性とはいえメガンテまで有効。
【ニトロ】【ロッキー】がいるなら使ってしまうのも1つの手。

また【ピエール】【コドラン】【ジュエル】など炎に耐性を持つモンスターを前線に配置して戦うのも良い。
【イエッタ】【メッキー】で冷気ブレスを浴びせてもいいが、見た目の割にヒャド・吹雪には弱耐性を持っており、実はバギ系の方が効きやすい。

正面から向かうとなかなかの強敵だが、仲間モンスターの特性を活かして戦うことでいくらでも活路は開く。
その力を試しているボスと言える。

リメイク

もともと強かったが、リメイクではこちらが4人パーティになったことで更に強化された。
HPと守備力が微妙に増加し、メガンテも効かなくなったが、最大の強化点は燃え盛る火炎の威力強化だろう。
元々30〜40ダメージだったのが40〜60ダメージになったため、炎耐性が無い仲間は下手すると1~2発で即死か瀕死、3発も食らおうものならパーティ自体が半壊。
正面からは到底戦えないだろう。

ただしリメイク版では3匹が同一グループになっているので、搦め手の有用性はSFC版以上。
4人でラリホーやメダパニ、甘い息を連発して動きを止めよう。
対象は単体ながら【あんみんまくら】を使うのもいい。
動きを封じた後は、やはり炎耐性を持つモンスターで戦いたい。