※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

・メラ系呪文
【メラ】【メラミ】【メラゾーマ】―【メラガイアー】

概要

ジョーカー以降のモンスターズ、およびⅨに登場する呪文。
メラゾーマの上を行く、【メラ系】最強の呪文。
敵一体を超巨大な火柱で焼き尽くし、絶大なダメージを与える。
ところで、「ガイアー」とは「ガイア」をもじったものなのだろうか?

DQMJ~

ジョーカーで初登場。以降モンスターズ全作品に登場。
敵単体に284~300のダメージを与えるが、賢さが504よりも高いと威力が上昇し、最終的に441~457まで増える。
消費MPは30と膨大だが、その威力は魅力的。対戦などで大いに活躍するだろう。

DQⅨ

攻撃魔力 480 600 700 800 900 999
ダメージ(100%) 269~315 340~386 400~446 459~505 518~564 577~623
成長倍率(加算値) 100%(+0) 124%(+71) 145%(+131) 165%(+190) 185%(+249) 205%(+308)
本編には全く登場していなかったが、Ⅸで初登場。【魔法使い】がLv64で習得する。
相手が炎属性が弱点だと更にダメージは増え、テンションや魔力覚醒を併用すれば最終的なダメージは2999にまでなる。
消費MPは45ととんでもなく多いが、それだけの威力はあるため、敵のHPを考えてメラゾーマと使い分けていこう。
【宝の地図】の洞窟・氷タイプの高レベルでは炎を弱点とする敵が多いため大活躍する。逆に火山タイプの洞窟ではやや相性が悪い。
【山彦の悟り】【魔力覚醒】の補助掛けをしたこの呪文が、魔法使いの最大の攻撃手段となる。

ただ、この呪文が唯一使える魔法使い自体がHPや身の守りが最も低いため、
防御重視のパーティーを組んでいるというプレイヤーにはあまり使われないという悲しい一面もある。

一方、敵が使ってきた場合も威力はかなり高い。使うのは【バラモス】【エスターク】などの魔王だけだが、
相手のレベルが上がるほど威力も上がっていくため、250程度のダメージだったのが、相手がLv99の頃には700以上までになる。
こんなものをまともに喰らったら瀕死もいいところなので、【ベホマ】が使える【僧侶】をパーティーに入れておくか、
【聖なる祈り】で回復役の回復魔力を上げるなりして対処したいところだ。

DQMB

2人プレイの究極必殺技として登場。肩書きは「極大焼失呪文」。
【メラゾーマ】【ベギラゴン】【魔道砲】【火炎竜】【爆連撃】【パイロストーム】といった必殺技を組み合わせて発動する。
敵全体を焼き尽くす炎の呪文となり、大ダメージを与える。

また、【バラモス】【ゾーマ】のとどめの一撃としても登場する。
バラモスがゾーマにかしずいて何かを報告すると、ゾーマが座ったまま火の玉を掌から出し、巨大化させて放ち、全てを焼き尽くす。
まさに大魔王の風格を見せつけるようなとどめの一撃である。
原作だとゾーマは氷使いだったが、どうやら「メラゾーマ」と「ゾーマ」をかけたものらしい。