※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

DQⅦ

全身を強固な甲殻に覆われた小型の飛竜。
現実世界の「よろい竜」はアンキロサウルスを指すが、DQの鎧竜は全くの別物である。
【アイアンキッズ】【ゴールドキッズ】の下位種。
だが同系統の体感的な厄介さはこいつが一番だろう。

難関として知られる【プロビナ山洞窟】に出現。【闇のドラゴンの塔】にも出る。
行動は【グループローテーション】であり、
グループ毎に「攻撃→火炎の息→攻撃→攻撃→火炎の息→【アイアンタートル】を呼ぶ」の順番で行動する。
体が小さく大集団で出現するので、火炎の息を吐かれる回数も自然と多くなる。かなり危険。
しかも出現場所の都合上、さらに強烈な氷の息を吐く【グリーンドラゴン】と一緒に出現することもある。

グループローテーション行動なので、早めに数を減らせば、火炎の息の頻度を減らすことができる。
早めに倒してしまいたいが、守備力、耐性、HPに優れるので倒しづらい。
メダパニは割と効くので、混乱させるといい。ルカニ系も有効。
マヌーサも効くが、コイツの脅威は火炎の息なので、あまり意味が無い。
攻撃系ではデイン系のみ有効だが、この時点では習得していないだろう。
ちなみに公式ガイドには「【いなずま】が有効」と載っているが、稲妻はイオ系なので実際には効果が薄い。
呼ばれるアイアンタートルは怖くないので放置して良い。

ドロップアイテムはただのブーメラン。う~ん、鎧は落とさないのだろうか。

DQⅦ(3DS版)

ステータス等に変更はないが、出現数が最高2匹まで減らされてしまったためインパクトは薄くなった。
グリーンドラゴンが元々2匹しか出ないのでそれに合わせたのかとも思われるが
煽りを受けた上位種の悲惨さをみると、残念ながらバランス調整とは無縁の変更のようである。