※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

概要

Ⅰ、Ⅸに登場するモンスター。
【リカント】の上位種、【キラーリカント】の下位種で、茶色の毛皮を持つ獣人。
シレンシリーズの常連モンスター「マムル」との関係やいかに。


DQⅠ

高い攻撃力に加え、【マホトーン】の呪文を操るので、HPの低い状態から回復できなくなると危険。
呪文が使えるためか、リカントよりも【ラリホー】の効きが悪い。
主に聖なるほこら周辺に出現するほか、【ドムドーラ】周辺にも出てくる。
同エリアには更に攻撃力の高い【キメラ】なんかも出てくるので、HPの回復はお早めに。

DQⅦ(3DS版)

【トクベツなモンスター】No.012。
【けものたちの森】のボスとして登場して、Ⅸに引き続き再登場を果たす。
物理攻撃中心だが、いつの間にやら習得した【ベホイミ】を唱えて回復を図ることがある。
しかし、耐性面は穴だらけで正直どうにでもなるモンスターである。
落とすアイテムは【ぬののふく】

DQⅨ

3種類揃って久しぶりに登場する。
服は着ているがズボンは履いていないスタイルが「グレーのミニスカワンピ」などと称され、
更には「青いベルトでアクセント」「ひっさつモテかわスタイル」などと、戦歴のコメントの2ページ目で散々な書かれ方をした。
シンプルなかっこよさを教えるために蘇った下位種とはえらい違いである。

ビタリ海岸、サンマロウ地方(北の洞窟前の森)などに出現する。
攻撃手段は爪による強化打撃と雄叫びに、この系統のお約束となった【テンションバーン】
下位種も上位種もテンションバーン使いであり、中途半端にダメージを蓄積させないこと。

クエストNo.097【ハオチュンの試練】では、「リカントマムルを【おたけび】で怯ませた直後に5匹倒せ」と要求される。
直後というのは、おたけびが命中し、なおかつ「リカントマムルは おどろきすくみあがっている」と出る前に倒さなければいけないということ。
パーティの素早さを調整しないと絶対に達成できない苦行クエス……ゴホン、難関クエストである。
遅いキャラでおたけびを行い、素早いキャラで瞬殺するのが良いだろう。