※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

概要

Ⅷに登場する青い体の巨大なドラゴン。
直訳すれば「脂肪トカゲ」。ちなみにfatsにはスラングで肥満の人物に対する蔑称にも使われる。
【暗黒神ラプソーン】に愛されている……という設定もなんとなくわかる名称とデザイン。
なお、その青と白のカラーリングから、ある方向に詳しい人は即座に『リザードFAZZ』と脳内変換させられるらしい。
【アルゴングレート】の色違いモンスターでもある。

DQⅧ

【暗黒魔城都市】の城内で出るが、出現率は低く2~3匹で固まっている。ラプソーンが贔屓してあまり戦闘には出してないのだろうか。
そうだとすると、ボストロールやデュラハーンがかわいそうに思える。
攻撃は、重い一撃を放つ通常攻撃と、しっぽで全体をなぎ払う攻撃の2つだけと単純。
ボスのアルゴングレートの色違いであるためアクションが長い。
特別能力が高いわけでもなく、強敵揃いの暗黒魔城都市では初見のインパクトこそあれど弱い部類に入るモンスター。
魔城が崩壊した後はリーザス地方・マイエラ地方・ベルガラック地方・北西の孤島の各地に散らばる。
出現率が上がり、単体行動やザコと一緒に登場するなど、甘やかされていたとは思えないほどうまく環境の変化に対応している。流石はドラゴン族。
スライムベスやマペットマンなどと出ると、サイズの違いがはっきり見られて面白い。
スカウトモンスターがクリア後に三角谷に登場するが、微妙である(此方は【ファッツ】の項まで)。
落とすアイテムは通常枠で【まじゅうの皮】、レア枠で竜のうろこ

DQMJ

ドラゴン系のBランクモンスター。
リザードキッズ×3+アルゴングレートの四体配合でできるがこれでは面倒なので、
クリア後のライバルマスターのフェリスから奪うか名も無き島でスカウトしたほうがいいと思われる。