※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

概要

Ⅵ以降に登場するモンスター。
唇のぶ厚いナメクジで、堀井氏のお気に入りらしい。
上位種に【おばけうみうし】【ブチュチュンパ】【マジックリップス】が存在する。

本編

Ⅵ、Ⅶ、Ⅷに登場。
本編ではいずれの作品でも序盤に現れ、なめまわしを使う。 特にⅥの一人旅の時に動きを封じられるのは嫌らしい。
SFC版Ⅵでは仲間にできる。詳細は【マリリン】参照。
また、Ⅶでは【モンスター職】にもなっている。詳細は【リップス(職業)】参照。
なお、モンスターズ1やⅧの三角谷などモブキャラクターとして登場する場合は女言葉でしゃべることが多い。

DQMシリーズ

モンスターズシリーズでも常連。
1では試練の扉のハズレボスとしての登場以外は他国マスターから奪うか配合限定。
2でも不思議な異世界か他国マスターのみ。虫系×ゾンビ系の基本配合なので配合は難しくない。
能力値はHPがよく伸びる以外は平均かそれ以下。特に賢さの伸びはかなり悪い。
特技はなめまわし、ぱふぱふ、眠り攻撃(GB版1)、フェロモン(それ以外)。
どうやってぱふぱふをしているのかは不明である。
CHでは魔獣系のDランク。敵としてはサマルトリア地方の東部に登場。本編と同じくなめまわしを使う。
能力は成長中盤に賢さ、後半に攻撃力がよく伸び、全体的にはバランスが良い。
覚える特技はなめまわし、まねまね、ルカニ。
ジョーカーでは悪魔系のFランク。
ノビス島ダンジョンに登場し、いきなり地面から飛び出してくる。知っていないと心臓に悪いので注意。
能力値は攻撃力・守備力中心に伸びていくが、全体的に平凡。所持スキルは「催眠」。

少年ヤンガス

少年ヤンガスで不思議のダンジョンシリーズにも進出。
【あやしの地下水道】で初登場し、クリア後ダンジョンの大半にも登場する。
あつあつキッスでこちらの守備力を低下させる。力も結構高めなのでできれば喰らいたくない。
配合方法はかぶとこぞう×獣系など。踊り無効はぜひとも他の仲間に継承させたい。