※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

DQⅤ

Ⅴに登場するモンスター。
新手の獣とも悪魔とも思える謎の生物で、縦長い頭部と不気味な一つ目が特徴的。
いわゆるイーター兄弟の片割れで、相棒の【ブルーイーター】とはほとんどの場合一緒に出現するが、
こちらは【封印の洞窟】にのみ出現する。

ブルーイーター同様に小柄の体型をしているため、最大5匹で出現可能という極悪仕様である。
また相棒と同じく【エビルマスター】と組み、コイツは呼ばれこそしないものの、
「ブルーイーター×2 + エビルマスター + レッドイーター×2」という
最凶の組み合わせでプレイヤーをうんざりさせる。
コイツも相棒と同じく素早さと攻撃力が高く、喉元めがけて噛み付くなどの強化打撃も得意。
さらに麻痺攻撃、体当たり、【空高く舞い上がる】などの厄介な攻撃を多用するため、
実質的にブルーイーターよりさらに危険度は上がっている。
麻痺したり、体当たり+αを食らって死亡したりすると大変危険。
さらにPS2、DS版では高く飛び上がった時のダメージが痛恨の一撃となることがあるため、
無条件で170近くものダメージを食らってしまう。
こんなのをまともに食らっていては命がいくつあっても足りないため、ブルーイーターよりも優先的に倒そう。
また呪文に対する耐性もブルーイーターとは上手い具合に分けられていて、
コイツは熱(=メラ系、ギラ系、イオ系)に強い。
そのため全体攻撃での一掃もままならないなど、最悪のコンビネーションで攻めてくる。

一見打つ手立てが無いように思えるが、休み系が確実に効くのでこれで動きを止めよう。
そしてもう一つ致命的な弱点が存在する。ニフラムも確実に有効。
ニフラムは覚えるキャラが少ないので、DS版では風神の盾を道具として使ってみよう。
エビルマスター、ブルーイーター共々面白いくらいに吹き飛ばされてくれる。
これを知っているかいないかで封印の洞窟の難易度は大幅に変わるだろう。
ちなみに全身は青い(頭部は赤)くせに名前はレッドなので間違える人が非常に多い。

上位種に【ゴルバ】が存在するが、レッドイーターの凶悪さに比べるとその実力は微妙で、
警戒して戦うとかなり拍子抜けさせられる。

テリワン3D

ブルーイーターと二体一枠になり、【ダブルイーター】という名前になった。