※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

概要

Ⅷに登場するモンスター。
真っ赤な体と大きく広がる頭髪が特徴的な、二足歩行の魔獣。
巨大な角を備え、簡素な造りの鎧を身につけている。
【ブルファング】とコンビを組んでおり、鎧のデザインもそっくり。
戦闘時も2体がかりで息の合ったコンビネーション攻撃を仕掛けてくる。

色違いのモンスターには【バッファロン】がおり、こちらも【モヒカント】とコンビで行動する。

DQⅧ

【竜骨の迷宮】にてボス級モンスターとして登場。
相方のブルファングと共に、迷宮の奥深くで七賢者の子孫【ギャリング】が残したメッセージを守っている。
当然、2体セットで戦闘に突入する。

通常攻撃の他に痛恨の一撃(守備力無視タイプ)ちからため(テンションアップ)、集中攻撃を使用する。
「集中攻撃」はこの系統のモンスターだけが使用する特殊攻撃で、相方となるモンスターが居る時のみ使用してくる。
ブルファングと比べると攻撃の頻度が高く、痛恨やコンビ技のダメージが大きいため、こちらを先に倒した方が良い。
補助呪文ではルカニが確実に効果を発揮する他、ラリホーやマヌーサも効くことがあるので、これらを絡めて戦うのも有効。
もしブルファングの方が厄介だと感じるなら、レッドオーガを眠らせている間にそちらを片付けてしまうのも手。

また、【異変後】には【名もなき小島】にも出現するようになる。イベントを起こさず倒し損ねた人はこちらへ。
ステータスや行動パターンはボスとして出現した時と変わらないが、最大HPと経験値、ゴールドだけは4分の1くらいに下がっている。
落とすアイテムは通常で上やくそう、レアでちからのたね。