※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

概要

モンスターズ出身のモンスター。
品種改良されたバラのモンスター……らしいのだが、どう見ても美しいバラに見えない。
ラフレシアのような巨大な花の中心から長い舌を垂らし、無数のイバラを手足として操る。
少しキモい見た目だが、それでも人気度は高いモンスターである。
【植物系】と言えば序盤のザコというDQの伝統に一石を投じ、「強い植物系」という新概念を打ち立てた偉大な人物。

色違いのモンスターに【エビルプラント(Ⅶ)】【ヘルバオム】がいる。

なぜか体色に恵まれないモンスター。
本来は赤い花から緑の触手が出ているオーソドックスな植物カラーなのだが、
DQM1ではゲームボーイの表現力の都合で全身真っ赤にされてしまい、
DQⅦでは本来の体色をヘルバオムに奪われ、紫の花に赤い触手にされてしまった。
近年の作品ではちゃんと本来の色で出演させてもらっている。

DQM1、2、CH

1では植物系最強クラス種族。MPの伸びが非常に高い。
植物系×????系の配合でのみ誕生する。
野生でも一切出現しないため、入手するためにはまず竜王などの????系を作らねばならないという非常に面倒なモンスター。
その分苦労に見合った強さはある。
2ではより強力な【エグドラシル】が登場したが、それでも充分強い。
覚える特技はれんぞくこうげき、やみのはどう、やいばのぼうぎょ。

植物系と????系をお見合いさせるのも手。
????系を血統に他の系統を配合した場合、配合元の????系の同種が誕生するため、
植物系を出した側にはローズバトラーが、????系を出した側には親の同種が産まれる。
ただし、植物系も十分強いヤツを親にしないと????系側が大幅に弱体化する事には注意。
2では【ドーク】がちいさなメダルで貰えるようになったので、非常に作りやすくなった。

キャラバンハートでは自然系の強力種族。なぜかMPの伸びが非常に悪い。
転身方法は【じんめんじゅ】を+8まで育てて、じんめんじゅの心を二つ使う。他にもあるが、エンディング前ならこの方法以外は不可能。
こちらではハッスルダンス、やみのはどう、バイキルトを覚える。
なお、【ラダトーム城】の地下ではボスを務める。

DQⅦ

モンスターズでの人気を受けて逆輸入。
現代のエンゴウ周辺によく出る。ダーマやオルフィー周辺、現代の【炎の山】内部にも生息。
ラリホーや猛毒の霧、焼け付く息で状態異常を狙ってくる嫌な敵。
HPも高く結構タフだが、属性攻撃への耐性が低い。
メラ・ギラ・ヒャド・デイン・火炎・吹雪とかなり多くの属性が素通りする。正面から殴り倒そう。
ドロップアイテムはねむりの杖(1/128)か【ローズバトラーの心】

モンスター職にもなっており、【マダンテ】を覚えられる唯一の職業。
【ローズバトラー(職業)】を参照。
コイツの心ドロップ率は先述の通り絶望的に低い上、ラッキーパネルでも心が出ないのでおとなしく下級職から極めよう。
心を簡単に落とすはなカワセミ職+ラッキーパネルで心がざくざく出るいどまじん職と、この職に就くのは意外と簡単である。

スラもり2

大魔王発掘現場のボス。【ベロバーラ】参照。