※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

DQⅧ

Ⅷに登場する敵専用の特技。
両手に填めた人形で、愛の物語を演じる技。
効果範囲は敵全体で、効果は対象ごとに異なるものが発生する。
使用者は【マペットマン】【ドールマスター】

主人公は物語を理解できなかったのか混乱し、
ヤンガスにとっては滑稽だったらしく、腹を抱えて笑い出す(1ターン休み)。
ゼシカはうっとりしながら見入ってしまい、1ターン休みとなり、
ククールは恋愛慣れしてるが故につまらないらしく、途中で寝てしまう(睡眠状態)。
一体どんな内容なのか非常に気になる。

効かなかった場合のメッセージもキャラクターによって異なり、
主人公は「見ていなかった」
ヤンガスは「鼻をほじっている」
ゼシカは「ボーっとしている」
ククールは「鼻で笑っている」
となる。
たかだかザコ敵が使ってくるだけの技だというのに、ここまで作り込まれているのはすごい。