※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

概要

Ⅵ以降に登場する、敵専用の特技。
使ってくるのはすべてラスボスまたは裏ボスばかり。
その名の通り身も凍りつくようなおぞましい雄叫びをあげ、それにより生じる激しい波動で敵全体にダメージを与える。

ただの【おたけび】と混同されやすいが、あちらは補助系特技なのに対し、これは完全な攻撃技。
とがった爪で鷲掴み、地面に叩きつける」等と同じ【無属性規定ダメージ攻撃】であり、キャラクター固有の耐性や防具の耐性でダメージを軽減することができない。
いわば貫通攻撃の一つ。

DQⅥ~Ⅷ

ダメージは120~150。
初登場のⅥでは、【デスタムーア】(最終形態)と【ダークドレアム】、Ⅶでは【オルゴ・デミーラ】(第三形態)が使用。
Ⅷでは【深緑の巨竜】が使ってくる。
ⅥとⅦでは、【はぐれメタル(職業)】【プラチナキング(職業)】をマスターしたキャラが【におうだち】をして、 一身に攻撃を受ける(大抵の攻撃を無効化する)という戦法があるが、前述通りこれは耐性に関係なくダメージを与えるため通用しない。
むしろはぐれ職やプラキン職で最大HPが激減しているキャラにとっては天敵。
ローテーションをよく読んで、仁王立ちするキャラを退避させよう。

防具の耐性等でダメージを軽減することができないが、攻撃時に防御していれば当然ダメージは減る(但し、Ⅷでは防御してもダメージを軽減出来ない)。
だが、全体攻撃なので喰らってしまうとかなり痛い事に変わりはない。
【あやしいひとみ】と同じく対処法は無いに等しいので、使用する敵と戦うときはHPを常に高めに保っておこう。

DQⅨ

Ⅵに引き続きデスタムーアが使ってくるが、メラガイアーや煉獄火炎などと同じく
相手のレベルに応じて威力が上がる仕様になっている為、Lv99にもなると350程度ダメージを受ける。
盾ガードや身かわしでの回避も不可能なので、非常に辛い。
パラディンガードやにおうだちによる回避は出来るが、回復はくれぐれも怠らないように。