※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

概要

DQⅥにて登場し、Ⅶ~Ⅸにも存在する特技。
剣に炎の力を宿らせて、モンスター1体に斬りかかる。
ギラ系に弱い敵に通常攻撃の1.3倍のダメージを与える剣技。
魔法剣系特技の代表格であり、他の【いなずまぎり】【しんくうぎり】【マヒャドぎり】とは扱いの違いで若干差を見せる。


DQⅥ

【魔法戦士】★1、「メラファイター」で習得できる特技として登場。
「メラファイター」で習得できるが、実際の属性は【ギラ系】だったりする。
ややこしい。「ギラファイター」にするか、それとも属性を【メラ系】にするんじゃダメだったんだろうか。

魔法剣系特技は、敵の攻撃呪文耐性によって威力が変化し、
ギラ属性に耐性を持たないモンスターには、与えるダメージが約1.3倍になる。
弱耐性を持っているモンスターには、与えるダメージが約1.125倍になり、
強耐性を持っているモンスターには、与えるダメージが約0.75倍に下がる。
そして完全耐性を持っているモンスターには、与えるダメージが約0.3倍にまで下がってしまう。

武器に備わっている特殊効果も発生し、ちからためやバイキルトなどとも併用できるので、
使いこなせれば強いのだが、使いこなすのが難しいため忘れられがちな特技。
むしろ、AIに任せたほうが有効活用してくれる場合も多い。

敵が使ってくることも多く、魔法剣の中ではダントツで使用者が多い。
【スカルライダー】【てっこうまじん】といったザコの他、
【ゾゾゲル】【アクバー】、敵として登場する【テリー】といったボスまで使用する。
また、精霊サムシンが召喚された際に使用することもある。

DQⅦ

基本的な性能はⅥの時から変わっていないが、表記が「かえん斬り」になった。
【キーファ】がLv.5で習得するため、序盤の間は主力特技として重宝する。
「キーファの技」として印象に残っている人も少なくないと思われる。
また、【アイラ】も初めから習得している他、今回も精霊サムシンが使い手の一人だ。

職業によって習得する場合、【魔法戦士】★2、【バーサーカー】★4、【エビルエスターク】★3のいずれかで習得可能。
速攻で魔法戦士かバーサーカーに向かわない限り、あえて使われることは少ないだろう。
また、Ⅵから習得技が変化した関係で、魔法戦士が「メラファイター」で習得できなくなっている。

敵モンスターでは、【マジックアーマー】【サタンメイル】といったザコの他、
【ガルシア】【さんぞく兵】【アントリア】といったボスが使用する。やっぱり使用者が多い。

DQⅧ

やはり基本的な性能に変化はないが、Ⅷでは剣装備時限定という制限がつき、より魔法剣らしくなった。
また、他の魔法剣系特技が敵専用になったため、味方キャラクターが唯一使用できる魔法剣となった。
剣スキルの中でも初期に覚えられる特技であり、剣スキルを伸ばすなら序盤にお世話になる。

さらに、主人公の場合、ヒャド耐性のない相手に大きなダメージを与える【ふぶきのつるぎ】との組み合わせが強力。
ギラ系・ヒャド系両方に耐性の無い相手であれば【はやぶさの剣・改】【はやぶさぎり】にも負けない大ダメージが期待でき、
バイキルトの効果を受けた状態で比べた場合では、一撃目にしかバイキルト補正がかからないはやぶさ×2を圧倒する。
【暗黒神ラプソーン】戦で活躍できるのも嬉しいところ。

DQⅨ

ここで魔法剣は完全に敵専用特技となった。
ザコモンスターでは【ウパパロン】が、ボスでは【ギュメイ将軍】が使用する。

モンスターズ

モンスターズシリーズにも登場。
本編シリーズとは異なり、影響を受ける属性がメラ系になっている。
打撃系特技で、消費MPは3。
ベビーサタンやスカルライダーなどが習得する他、
ちからため+メラミで【思いつく】ことができる。

本編では主人公達は次第に使用できなくなっていったが、
その一方でモンスターの特技としての地位は確立できたのか、以降のシリーズでも活躍する。

ジョーカーでは火炎やメラ&○○系スキルでメラ系呪文と一緒に覚えられる。
また、さらに倍率の高い上位互換【れんごくぎり】が登場。

ジョーカー2以降はメラ・炎ブレスの複合属性となりさらに扱いやすくなった。