※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

概要

火炎の息。
息攻撃の一つで、炎系の特技としては【ひのいき】の上位に当たる。
相手全体に30~40のダメージを与える。
Ⅱ以降、Ⅳを除く全作品に登場(Ⅳには【こうねつのガス】という類似品が出演)。
リメイク版Ⅰでも竜王が吐いてくるが、こちらの威力は火の息と大差ない。

特技名は「かえんのいき」であるが、メッセージ内での表記は異なる。
FC版Ⅲまでは単に「ほのおを はいた!」であり、SFC以降の作品では「もえさかる かえんを はいた!」となっている。
味方パーティの特技から削除されたⅧ以降は公式ガイドブックなどでも「もえさかるかえん」の表記に変更されている。

敵側の使用者

一見大した威力ではないように見えるが、こちらのレベルが低いうちに連発されるとホイミやベホイミでは回復が間に合わなくなる事も多い。
中盤のザコやボスが好んで使ってくるブレスであり、特にⅢの【スカイドラゴン】の凶悪さは有名。
他にはⅤの【ほのおのせんし】やⅥの【バーニングブレス】が連発して、こちらのHPを容赦なく削りにくる。
中でもⅤのリメイクではどういうわけか威力が40~60にパワーアップしており、これにより【ニセたいこう】【ようがんげんじん】らが一気に凶悪化。
ちなみにこれはDS版でも変更されておらず、同時に、炎系に強い耐性を持つ【ピエール】【コドラン】の株が更に上がる結果になった。
そしてⅧでは、これまでよりも圧倒的に早く火炎の息使いが登場しており、まだ序盤でこちらのレベルが10~15程度だというのに【オセアーノン】【デンデン竜】【キメラ】らが連発して苦しめてくる。

味方側の使用者

味方が使えるのはⅤから。SFCではまともに使えるのがコドランくらいだったが、リメイクでは炎の戦士も仲間になり使えるようになった。
リメイクではダメージが上がったので、味方が使う場合も勝手が良くなったのも事実ではある。
Ⅵでは魔物使い(魔物マスター)★6で、Ⅶでは魔物ハンターに加えキメラ・アンドレアル・ドラゴスライムの職業で習得可能。
激しい炎や氷の息を覚えた後はほぼお役御免になるが、MP消費なしで全体攻撃が出来る点は魅力。
Ⅷ以降は基本的に敵専用に戻ってしまったが、Ⅷではトーポに【辛口チーズ】を食べさせることが味方側の唯一の発動手段である。