※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

・吹雪系ブレス
【つめたいいき】【こおりのいき】ー【こごえるふぶき】ー【かがやくいき】

概要

Ⅲから登場する伝統的な【吹雪系】ブレス。
ラスボスの定番となりつつあり、特に【ゾーマ】の得意技なので馴染み深い人も多いと思う。
威力は作品ごとにバラつきがある。
多くのプレイヤーは冷気耐性より炎耐性を優先する傾向があるので、食らうと痛い。
威力の高さからザコが使うことはあまりないが、ラスダンや裏ダンでは普通に吐きまくってくる奴もいるので注意。
ザコが使用する特技の中ではとりわけ威力が大きく危険。特にⅥの【デススタッフ】の凶悪さは有名。

DQⅢ

100~139ポイントの吹雪系ダメージとなっている。
FC版ではゾーマのみが使用する特技だったが、リメイク版では【しんりゅう】【バラモスエビル】などが使用してくる。

DQⅣ

ダメージは40~60ポイントと、他作品における【こおりのいき】とほぼ同等の威力。
【アイスコンドル】【エスターク】などが使用する。
また、【ドラン】が使用することもある。

DQⅤ

ダメージ50~60と、やはり他作品のこおりのいきと同程度の威力。
【ブリザードマン】【ホークブリザード】などが使用する。
味方側も【イエッタ】【シーザー】などの仲間モンスターが習得する。

DQⅥ

ダメージ120~140とⅢに近い効果に戻った。
デススタッフが集団でこれを吐いて悪夢を見せてくれるほか、【ブースカ】なども使用してくる。
味方側は【ドラゴン】★6で習得できるほか、SFC版では【メッキー】がLv30で、DS版では【マリリン】がLv35で習得する。

DQⅦ

ダメージは変わらず120~140。
高い難易度を誇る【ダークパレス】組だと【ドラゴンコープス】【ナイトリッチ】【ギャオース】が使用する。
味方側はギャオース★8、ギガミュータント★5、エビルエスターク★4で習得できる。
DS版では【わんぱくサタン】【えだきりあくま】などの新モンスターがこれで壊滅状態に追い込んでくる。
見た目に騙されてはいけないといういい例である。

DQⅧ

ダメージは引き続き120~140。
【フェイスボール】【魔犬レオパルド】などが使用する。
また、【永遠の巨竜】はテンションを高めてこれを吐いてくる。
味方キャラは使用できないが、トーポに【こごえるチーズ】を食べさせるとこれを吐く。

DQⅨ

属性周りが変更されたため今作では【氷属性】になっている。
久しぶりに敵専用特技。ダメージは再び下がって60~89となっている。
ナイトリッチや【ヘルミラージュ】などが使用する。

DQMシリーズ

DQM1、2

消費MPは8。
こおりのいきがLv20でこれに進化し、GB版1ではLv30、2及びPS版1ではLv21になるとかがやくいきに進化する。
また、【ふぶきのつえ】を使用するとこれの効果が発動する。

DQMCH

こおりのいきから進化するレベルが26に引き上げられている。
キャラバンハートではかがやくいきが削除されているので、これが吹雪系最上位となっている。

DQMJシリーズ、テリワン3D

消費MPは12。
【吹雪2】【ブレス2】【くろくかがやくやみ】などのスキルで習得できる。

DQMBⅡ

【キースドラゴン】の通常技の他に、必殺技としても登場する。肩書きは「究極凍結奥義」。
キースドラゴンのそれを含む適当に氷系ブレス、又は主人公が使う氷属性の杖の特技から3つ選んで発動。氷属性のブレスで出来た氷の竜が敵全体を凍らせる。
また、すばやさを下げる事もある。

いたストSP

スフィアの一種として登場。魔法使い、勇者で入手できる。
これが発動すると、自分以外のプレイヤーの買い物料が1ターンの間半額になる。