※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

概要

Ⅷから登場した、アイテム合成システム。
2~3種類のアイテムを合成させて別のアイテムを生み出すことができる。
Ⅷ以降のナンバリング作品の他、「不思議のダンジョンMOBILE」や「スラもり2」にも登場している。

生み出すアイテムとそれに必要なアイテムを記した式をレシピという。
レシピは各地の人に聞いたり、本に載っているものを【錬金レシピノート】(錬金レシピブック)に記載する。

作成中のBGMは共通して【錬金がま】という曲が使用されており、
釜を開けてレシピを色々考えているうちに聞くことになるため、否応なしに耳に残るBGMであろう。
また、錬金釜を用いた【錬金術】もいくつか登場している。

DQⅧ

【トロデ】がトロデーン城を旅立つ際に持ち出していたが、故障していたため使用できなかった。
しかし彼が夜な夜な修理して、ポルトリンク~船着場の定期船内で晴れて使用できるようになる。

アイテムを釜に入れた後、一定時間移動しなければ完成せず、完成時間は町を走った状態で2分-15分ほど。
完成時間比率は[フィールドを走行=船で移動>街を走行>フィールド徒歩>街を徒歩]といった所で、町やダンジョンの場合、フィールドの時と比べて完成時間まで1.5倍かかる。
また、移動手段によっても完成時間までに差が出来、徒歩だと走行時と比べて2倍かかる。
立ち止まっている状態では幾ら時間を待っても完成せず、また、【神鳥のたましい】を使って空を飛んでる時も完成しないので注意(障害物や壁に向かって延々と移動するのは可)。
完成時には「チーン」という音がなるが、案外聞き逃しやすい。
なお、移動しないと完成しない仕様になったのは、プレイヤーが錬金ばかりに夢中にならないようにするためだという。

馬車に設置してあるため、馬車と【ミーティア】が離脱している時には使用できない。
使わないでいるとトロデがすねてしまう。悲しませないためにも、それより何よりも便利なのでどんどん利用しよう。

【ゲルダ】からミーティア姫救出後に宿(どこでもいい)に2泊するとトロデの改良により大錬金釜となって3つのアイテムで錬金ができるようになる他、
【竜神王】の褒美でスーパー錬金釜になると、すぐに錬金が完成する。

スマホ版では、最初から待ち時間無しで錬金できるようになったほか、Ⅸと同様にレシピを指定すれば自動的にアイテムが選別される仕様になった。

DQⅨ

ルディアノ城クリア後、【セントシュタイン】のリッカの宿屋に立ち寄ると、リッカが地下室にあった錬金釜の天使【カマエル】を見つけ出す。
その昔、貧しい錬金術師の客が宿代の代わりに置いて行ったらしい。

錬金釜としての性能はⅧの頃から格段に進化しており、
レシピを持っていれば自動的に材料を選択してくれる、数量の指定もできる、完成を待つ時間もない、など便利になった。
その代わり、カマエルはリッカの宿屋から移動できないので、錬金する為には一々リッカの宿屋まで戻らなければならない。
Ⅷでフィールド上での錬金に慣れていたプレイヤーは注意。

材料が最大3種類なのは前作と変わらないが、1種類のアイテムを複数(最大9個)使うレシピが登場した。
最強クラスの武器防具は、特定の確率で【錬金大成功】する場合がある。
Ⅸでの錬金術は【ぬくもりのシャプカ】【ゴールドメイル】を参照。

関連項目