※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

概要

Ⅷに登場する敵専用の呪文。
呪文なのに【無属性規定ダメージ攻撃】で、攻撃呪文にも補助呪文にも該当し、その上イベントにまで関連するという変わり種。

DQⅧ

敵専用の呪文で、【海竜】【深紅の巨竜】【黄金の巨竜】が使用する。
敵全体に15~25ポイントのダメージを与えると同時に100%の確率で【幻惑】状態にする。
簡単に言うと「100%成功する上にちょっとだけダメージがついた【マヌーサ】」みたいな呪文。

海竜のボスっぽい外見と【ジゴスパーク】を髣髴とさせるその恐ろしげなネーミングから、初見では確実にビビるだろうが、ダメージ自体はショボい。
無属性という仕様上ダメージを軽減することはできないものの、せいぜいベギラマ以下である。
が、追加効果の「幻惑」の発生率が100%なので、【マジックバリア】でも【破幻のリング】でも防げないという結構嫌らしい特性がある。
とは言え海竜は所詮雑魚なので、幻惑状態になったところでそこまで苦労しないだろう。

何でこんな呪文が出てくるのかと思うが、海竜のこれを【まほうのカガミ】に当てることで光を吸収し、【太陽のカガミ】が完成する。
つまりはイベント用呪文。

その後、プレイヤーがすっかり存在を忘れた頃である竜の試練で再登場。
同じく強制的に眠らせる【あやしいひとみ】よりは行動できる分マシといったところだが、深紅の巨竜戦では物理攻撃がダメージソースとなるので、嵌ってしまうと非常に厄介である。
幻惑を防ぐには【チーム呼び】【マホカンタ】で呪文自体を避ける必要がある。
ちなみにマホカンタで跳ね返せば、逆に相手を強制的に幻惑状態にすることも可能。
上手く利用できれば相手のミスを誘う事もできるようになっている。

DQMB

【海竜】が登場してるので、第一章から登場している呪文。
今回は珍しい光属性の呪文である。そして幻の追加効果がある。
しかし、光属性が入ったために、弱点のモンスターがいるのに加えて、耐性を持つモンスターも出てしまった。
おまけに威力は低く、追加効果の幻も確実ではない。そのため、使い勝手は悪いと思われる。

使用者は海竜や【ヘルビースト】の他に、僧侶や賢者と組ませた【クックルー】【しにがみきぞく】【ファーラット】辺りも使ってくる。
極力かしこさの高いモンスターに使わせるとダメージも少なからず期待出来るのだが…
なお、魔王・大魔王は誰も使わない。