※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

概要

火炎ブレス系特技の1つ。
【かえんのいき】(Ⅳのみ【こうねつのガス】)の上位に位置する。
激しい炎を吐き出し、敵全体にダメージを与える。
後半~終盤のモンスターやボスモンスターが使用することが多い。

DQⅡ

初登場のⅡでは【シドー】の専用技。
ダメージは41~89と幅が大きいが、同作にはフバーハが存在しない上、
防具の数の都合でサマル王子かムーンブルク王女のどちらかは火炎に耐性を得られない。
そして高確率で【みずのはごろも】が王女に行くため、サマルはこのダメージを無耐性で食らうことになる。
こちらのレベル上限の低いⅡではものすごく痛い。シドーの強さを支えた要素の1つ。

リメイク版では何をトチ狂ったか90~110ダメージに強化されている。
防具の耐性はほとんど強化されていないため、サマルは相変わらず直火焼きにされてしまう。
ベホイミも強化されているからそれで何とか耐えるんだ、がんばれサマル。

DQⅢ、Ⅳ

ⅢとⅣではダメージが80~100となった。やはりフバーハがないとキツい。
Ⅲの【サラマンダー】、Ⅳの【ヘルバトラー】など、終盤の敵・ボス敵が使ってくる。
Ⅳまでは最強の火炎系ブレスである。

DQⅤ~

Ⅴ以降は威力が下げられ、65~85のダメージに。
【しゃくねつ】が登場し、火炎ブレスとしては二番手に甘んじることとなる。
この作品から特技が導入され、自軍も使用可能となったが、
Ⅴの【シーザー】やⅥの【ドラゴン(職業)】など、激しい炎を覚える者は後に灼熱や輝く息を覚えることが多く、使われる期間はさほど長くない。
なお、Ⅶ、Ⅸでは灼熱の上に【れんごく火炎】が存在するため、3番手の火炎ブレスとなっている。